みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

08スタッフ教育企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第3509号 【 トークレコーダー 】音声メモでアイデアをボトムアップ!

【企画公開日】2017 .12. 20.(水)

ヤマトホールディングス(HD)は2018年1月、ファッション通販の商品を
駅ビルまで取り寄せて試着できるサービスを始める。ファッション通販は
返品が多いため、駅ビルに配送を集約することでトラック運転手の負担を
減らす狙いがある。(日経2017.12.20)

面白いことを考えますね!
注目すべきは、この事業案は従業員からの提案であること。
提案を形にしてくれるとより提案したくなるし、仕事も楽しくなります。

そこで、提案ツールとしてこんなガジェットを考えてみました。
提案だけでなく苦情にも対応できます。

▼【 トークレコーダー 】

手にケータイを持たなくても通話できるワイヤレスの「ヘッドセット」を使います。
この「ヘッドセット」は、常時録音状態で待機します。

<使い方>
(1)仕事中に不便なことがあったり、いいことを思いついた時、呟きます。
(2)呟いた後、「ヘッドセット」の本体を1回タッチすると呟いた音声が
1分前後収録されます。
(3)2回タッチすると聞き直すことができます。
(4)3回タッチすると消去することができます。
(5)業務が終了した時、「ヘッドセット」を外して充電器にセットすると
充電とともに収録された音声データが指定のアドレス(例:本部)に
送信されます。

タッチした時の1分前後が収録される点が
ドライブレコーダーの原理でミソですね!

この方法なら思いついたアイデアでも「メモ」することができ、
業務に支障なく、提案することができます。

また、顧客からのクレーム時にも対応できます。
こちらのミスによるクレームには対応策を考える時の材料になり、
顧客からの不当な要求や暴言については証拠として残り、
従業員を守ることにつながります。

近年、従業員からの提案制度を設ける企業が増えていますが、
アイデアを企画書にしたり、文字にしたりすることは
負担が大きく、簡単にできることではありません。

しかし、現場のちょっとした気づきがヒントになることが
たくさんありますので、トークレコーダーなどの機器を使うことで
吸い上げることができれば、コスト以上の見返りがあります。

★アイデアコンセプト★
『 現場の気づき 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議