みんなの企画部

2498

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

08スタッフ教育企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第3258号 【 ドローン・パスポート 】他人が見てすぐ判断できることが望ましい。

【企画公開日】2016 .11. 21.(月)

姫路城にまたドローンが衝突したと報道で知りました。
衝突前にドローンを飛ばす準備をしていた2つの外国人グループがおり、
警察は関連を調べているそうです。

・・・ということは、見ていた人がいたんですね。
しかし、許可を得ていたかどうかまでわかりません。

そのため、これからドローンを飛行させる時は、
工事現場の黒板に習って、こんな制度を作りましょう。

▼【 ドローン・パスポート 】

ドローンを飛ばす時、操縦者は許可証となる腕章をして、
操縦者の横に立て看板を置きます。腕章と立て看板はセット。

立て看板は、例えば、
ーーーーーーーーー
・許可証(番号)
・飛行目的(エリア・時間)
・操縦者の氏名及び所属
・ドローン本体の写真
・所轄と操縦者の連絡先
ーーーーーーーーー
などの情報を表示します。

道路工事などをしている時はどんな工事で、
どこが工事をしているかを黒板で表示していますが、
同じことをドローンを飛ばす時もすべきです。

腕章と立て看板がなくてドローンを操縦している者は、
許可を得ずに飛行させている場合があり、
発見したら通報できます。

私有地や管理区域以外で不特定多数の方が行き来する場所では、
必ず用意するようにしたらいかがでしょう。

ラジコンカーが公道を走ったら他の通行が危険なように
安全性を考えたら、空の規制も止むを得ないでしょう。

自宅周辺でカメラ付きのドローンが飛行していたら、
正直、気味が悪いですから。。。

★アイデアコンセプト★『 許可の見える化 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。