みんなの企画部

2454

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

08スタッフ教育企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2960号 【 「甲子園」で学ぶ 】野球少年も覚えたら役に立つスコアのつけ方。

【企画公開日】2015 .8. 6.(木)

私は書けませんが…、妻が書けます。
野球のスコアブック。

妻は甲子園の高校野球を録画しながら、一生懸命に覚えました。
おかげで子供達の試合の時、ずいぶん助かりました。
(まぁ、私がお願いしたのですが…)

きょう、まさに甲子園が開幕し、ネットでも中継しています。
そんな甲子園を観ながら、こんなアイデアを思いつきました。

きっと子供達もスコアの書き方を覚えると、
もっと野球に興味を持ち、ルールを覚えて楽しくなると思います。

▼【 「甲子園」で学ぶ 】

●NHKの囲碁や将棋の中継をイメージしています。

●ネットで高校野球の中継をしている画面に、
ワイプでスコアブックを映し出します。

●ストライク、ボールのカウントが画面に表示される同時に、
ワイプのスコアブックも手書きされます。こちらも中継です。

●そして、プレーが複雑で書き方が難しい場合は、
画面が切り替わり、甲子園がワイプになり、
解説が全面になります。

●試合終了と同時に一試合分のスコアブックが
PDFでダウンロードでき、自分のスコアを見比べることができます。
書き損ねた箇所や間違ったつけ方を見直すことができます。

●これをぜひ、少年野球の子供達にやらせたいです。
理由はスコアのつけ方を学びながら、
野球のルールが覚えられます。

●今の子供たちは、遊びで野球をやらないので、
思いのほか、ルールを知りません。覚える機会が少ないのです。
そのため、午前中は練習をして、午後の猛暑の時は、
スコアの書き方をみんなで学んではどうでしょう。

●教育の一環である高校野球。
ちょっと意味が違うかもしれませんが、貴重な勉強の機会。
この「教育番組」は他のスポーツでもできると思います。

●試合にはでれない子でもスコアをつけることで
チームに貢献することができます。
とても大切なことです。

★アイデアコンセプト★『 学びの場 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。