みんなの企画部

2454

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

08スタッフ教育企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , , ,

第2871号 【 挫折しない!学習タイム・ナビ 】資格が取得できない最大の“敵”は?

【企画公開日】2015 .3. 27.(金)

夜、自宅に帰るとダイニングテーブルの上に、
新聞と折込チラシが置いてありました。

折込チラシの中には、「生涯学習の〜」の
「通信講座カタログ」がありました。
「今が始めどきの資格特集」だそうです。

年始と年度始めには必ず目にする広告ですが、
確かに4月は始めどきではあるが、続かないんですよね・・・。

そこで、こんな発想で資格取得を目指してはどうでしょう?
ポイントは、「物」ではなく「事」。

▼【 挫折しない!学習タイム・ナビ 】

●「通信講座」と言っても、「資格」だけでなく、
「趣味」や「特技」の講座もあります。

●「資格」では「医療事務」が人気で、
「特技」では「ボールペン字」、
「趣味」では「手芸」や「絵手紙」があります。

●そう、これら「資格」「特技」「趣味」を組み合わせて、
セットで販売するのです。

●例えば、毎日食後の30分を「学習タイム」として、
下記のように組み合わせて提案します。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
月曜日・・・「医療事務」の資格学習
火曜日・・・「ボールペン字」講座
水曜日・・・「医療事務」の資格学習
木曜日・・・「絵手紙」講座
金曜日・・・「医療事務」の資格学習
土曜日・・・「ボールペン字」講座
日曜日・・・「絵手紙」講座
ーーーーーーーーーーーーーーーー

●「学習タイム」のスケジュールは、スマホ等でネットで
管理できる仕組みにして、学習内容やテキストのページ数などを
詳細にカリキュラムを組みます。

●つまり、「資格講座の単品」を売るのではなく、
「学習タイムの習慣化」を売るのです。

●資格取得で挫折する最大の要因は、勉強が続かないこと。
忙しくて時間が取れないという言い訳がもっとも多いわけですが、
その言い訳の裏には、「学習の習慣化」がないことが原因。

●そのため、習慣化するために目的の講座とは別に、
息抜きができる講座もセット販売し、より「習慣化」を促します。

●もし、
「資格講座を単体で受講するより、特技・趣味講座も
一緒に受講した方の方が資格取得率が30%(仮)も高い!」
と販促できたら、それはインパクトがあります。

●毎日決まった時刻に、決まった時間、机に向かう習慣。
これさえできれば、資格は取得したも同然!?

●「物」を売らずに「事」を売れ。
資格業界にも当てはまります。

★アイデア軸★『 習慣を売れ! 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。