みんなの企画部

2498

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

08スタッフ教育企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第2870号 【 バイト留学制度 】働くモチベーションがUP!

【企画公開日】2015 .3. 26.(木)

私の知り合いの息子さん(中学生)が今、カナダに短期留学しています。
体調を崩して寝込んでいるという電話の翌日、「元気になった」と連絡があり、
ほっとしているそうです。(親としては心配ですよね・・・)

さて、その息子さんいわく、留学先の(学校の)クラスは、
中国人留学生ばかりだそうでカナダとは思えないと嘆いているそうです。

そうか、考えてみると「留学」もビジネスなので留学生ばかりのクラスを作り、
効率的な仕組みになっているのでしょうね。

そこで、こんな「留学」を考えてみました。
これなら貴重な体験ができそうです。

▼【 バイト留学制度 】

●例えば、外資系コーヒーチェーン。

「3年連続勤務したバイト(大学生)は、
 1ヶ月間海外店舗で『バイト留学』ができます」

●3年間、日本の店舗でバイトをして「優秀」という評価をいただければ、
希望する国の店舗で「1ヶ月間バイト留学できる」プランはいかがでしょう。

●入れ替わりが激しいバイトもこんな目標があったら、長く働きたくなるし、
日頃の勤務もモチベーションも高く、店舗サービスの向上にも貢献します。

●国は違いますが、サービス内容は同じなので溶け込めやすく、
協力しながら仕事をするので、より語学の勉強にもなります。
もちろん、現地のお客さんと接して接客もしますので貴重な経験もできます。

●費用負担は、「評価」に応じて割合が決まりますが、
留学中の現地でのバイト代も自己負担を減らしてくれます。

●高額な費用で留学しても現地で「留学生」ばかりでは、
その国に行った意味が薄れてしまいます。

●せっかくなら、短期でも現地の方と一緒に生活し、
溶け込みたいですよね。

●今、語学教室も「料理」をしながら学ぶ教室があり、
語学習得以外の「目的」があった方が身につきやすいと思います。

●「留学」はしてみたいけど、親に負担をかけたくないという方には、
ベストなプランです。

★アイデア軸★『 ながら留学 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。