みんなの企画部

2421

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

08スタッフ教育企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2645号 【 新入社員の「自分新聞」 】実家への帰省の際にご両親へ“提出”!?

【企画公開日】2014 .4. 8.(火)

新年度がはじまり、2週目となりました。
新社会人の皆さんは、まだまだ緊張した毎日を送っていると思います。

私の新入社員の時は、最初の1週間は研修で、2週目からは会社で
仕事をしていたと思います。4月中は自宅へ戻るとヘトヘトだったことを記憶しております。

さて、4月が終わると、すぐに大型連休でGW! 帰省される方も多いと思います。
そこで、新入社員向けにこんな「課題」を作り、実家のご両親へ“提出義務”を課してはどうでしょう。
ご両親に喜ばれ、安心されるのではないでしょうか?

▼【 新入社員の「自分新聞」 】

●入社したばかりの新入社員の4月といえば、入社式からはじまり、新人研修、
職場に配属され、仕事を覚えはじめることでしょう。
たった1ヶ月ではありますが、さまざまなことを経験します。
 
●そんな経験を一枚の新聞にして、実家のご両親に見せる課題はいかがでしょう。
まさに、「新人駆け出しの『自分新聞』」です!

●目的は、新人として奮闘する自分の姿を客観視する機会を設けることと、
今まで育ててくれたご両親への感謝と報告です。

●新聞の内容は、
・入社式からはじまり、4月中の主なスケジュール
・自分の会社紹介
・自分の配属先の業務内容
・自分が経験した仕事と今後の仕事内容
そして、ご両親へ宛てた「手紙」記事です。

●GW前の1日を使い、この新聞を新入社員全員が制作します。

●制作方法は、自由です。手書きでもパソコンを使ってもOK!
レイアウトも色も自由ですが、サイズはA3見開きです。
必須事項は、新聞の感想を両親に書いてもらう欄を設けること。
そして、連休明けに会社に提出します。

●なかなか面白い課題だと思いませんか?

●この「新聞研修」を3年間、《GW前》《お盆前》《年末》に行い、
その都度、ご両親に提出するというのはいかがでしょう?

●せっかく苦労して入社した会社でも、すぐに辞めてしまう若者が少なくないそうです。
「3年で3割が辞める」と言われています。

●仕事をしていれば「辞めたい」と思う時は必ずあります。
そんな時、新聞を読んでくれていたご両親なら、
会社や仕事のことを理解してくれているので、
より的確なアドバイスがもらえるかもしれません。
理解者がいるということは、とても心強いことです。

●表現をすることは、今後、仕事をしていく上でもとても重要なスキルです。
まだ、間に合いますので、ぜひこの企画が気に入った社長は
今からチャレンジしてみてください♪

★企画の一番搾り★『 表現力 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。