みんなの企画部

2592

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

08スタッフ教育企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , , ,

第2496号 「緊急地震速報」が入ったら… ~ 勇気を持って周囲に呼びかけよう! ~

【企画公開日】2013 .8. 9.(金)

昨日のこと。少年野球の大会の開会式が夕方にありました。
(熱中症対策で開会式は夕方に行われるようになりました)

開会式まで時間がありましたので、球場のスタンドで待っていると、
私のスマホが突然鳴り出しました。

…と同時に私の周りにいる方のケータイやスマホも一斉になり始めました。
次の瞬間、皆さん、一斉にケータイを見ました。

そう、昨日ニュースになりました「緊急地震速報」です。
結局は誤報ではありましたが、この時思ったことを
本日のアイデアにします。

▼『「緊急地震速報」が入ったら…』

●緊急地震速報が配信された時、ケータイが鳴った人もいれば、
鳴らなかった人も結構いました。

もし、鳴らなかった方ばかりだったり、
スマホやケータイを持っていない方ばかりだったら…。

●そこで、今後、緊急地震速報を受信したら、勇気を出して、

「地震が来るかもしれません。
 皆さん、安全な場所や姿勢をとって下さい」

と呼びかける「啓蒙活動」をしてはいかがでしょう。

●テレビCMや防災の日、さまざまな場面で
「受信したら、声を掛け合いましょう」と呼びかけます。

●受信する人も多いので複数の人が呼びかけて、
かぶってしまうかもしれませんが、
それも注意喚起がより強くなり、いいことです。

●今回のように誤報の場合もあるかもしれません。
しかし、そういう時でも、

「間違いだったようです。
 本当に地震がこなくてよかったですね」

と言える社会にしたいですね。

「防災意識を高め、
 みんなで声を掛け合い、
 助け合う」

●大地震は必ず来ると言われています。この呼びかけを通して、
少しでも被害が小さくなり、地震発生後の避難も
協力してできるキッカケになれば、素晴らしいことだと思います。

       ***企画の一番搾り***

   『 緊急時情報はみんなで共有しよう 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議