みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

08スタッフ教育企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第2462号 育休準備教室 ~ ただ家にいるだけでは…。 ~

【企画公開日】2013 .6. 21.(金)

「日本生命保険が今年度から、対象の男性職員全員に
 育児休業(育休)を取得させる取り組みを始めた」
(毎日新聞2013.06.20)

今、育児休暇について国、企業で様々な取り組みをされており、
それにより賛否両論巻き起こっていますが、
まずは動き始めたことは評価したいですね。

さて、せっかく育休をとった男性(夫)がすぐに
家庭で奥様のお手伝いができるのか、若干の懸念を抱いております。

家事は何もできず、子どももあやせず、奥さんの指示がないと
動けないでは、逆に奥さんのストレスが溜まりそうです。。。

そこで、育休もいいが、その前の準備こそ必要に思い、
こんなサービスはいかがでしょう。

▼『育休準備教室』

●妻の妊娠がわかり、育児休暇を取得する予定になった男性社員向けに
『育休準備教室』に参加します。

●『育休準備教室』では、
——————————————-
 ◎料理
 ◎洗濯
 ◎掃除
 ◎離乳食の作り方
 ◎赤ちゃんのお世話(オムツ交換など)
 ◎スーパーへの買い物
 ◎妻とのコミュニケーションの仕方 など
——————————————-
を学びます。

●要は、育児休暇で自宅に入った初日から、
奥様のサポートができる夫になることが目的。

●夫が家に居てくれることは最初は心強いと思いますが、
そのうち、家事はできない、泣き叫ぶ赤ちゃんもあやせない、
ミルクも作れないでは、ますます奥様のストレスが溜まりそうです。

●『育休準備教室』は、そうならないための教室です。
この教室は、1週ごとに1つのテーマを決めて開講し、
2ヶ月で一巡するカリキュラムはいかがでしょう。

●そうすれば、どの週から参加しても、毎週1回参加し、
2ヶ月すれば一通り参加することができます。

●もし、休んだとしても、また次の回に参加すればよく、
1巡だけでは心配な方は、2巡、3巡と参加できます。

●『育休準備教室』の狙いは、「指示待ち夫にはならい」こと。
妻の気持ち、行動を読み、先回りして手伝えると最高ですよね!

●これは、妻をお客様に置き換えたら、ビジネスでも同じ。
とても大切なことを育児休暇を通して学ぶことができます。

●育児期間に夫婦仲が悪くなることがあります。
逆に夫を見直す妻もいます。

●後者になれるよう、これから子育てをする男性諸君は
がんばりましょう。

       ***企画の一番搾り***

      『 準備が大切 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議