みんなの企画部

2750

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

08スタッフ教育企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

第2106号 ご挨拶回りは最新アプリ体験会 ~ 年末年始の渋滞は勘弁して欲しい… ~

【企画公開日】2011 .12. 15.(木)

12月も後半に入り、年末のご挨拶回りに出掛ける企業担当者も
多いのではないでしょうか?

年末の名古屋市内を注意深く観察していると、上司(そうな)を後部座席に
乗せた営業車がとても多く見られます。年末年始の都心の渋滞は、
挨拶回りの車も一因だと個人的には思っております。

そのため、挨拶回りは必要な行事として、自動車を使わない挨拶回りは
いかがでしょう。アレを使って、公共交通機関を駆使します。

▼『ご挨拶回りは最新アプリ体験会』

//// ここからはフィクションです ////

社長「今年の年末年始のご挨拶回りは、都心の渋滞回避と
   環境問題を考慮して、私も含めて、すべての社員は
   公共交通機関を使って各顧客企業を回ること」

社長から全社員に通達が行きます。

社長「あるタクシー会社がスマートフォンのアプリ経由からの売上が
   1億円を突破したという記事を読みました。
   今後、どんなビジネスチャンスがあるかわかりません。
   そのため、公共交通機関を使って挨拶回りをする時は、
   スマートフォンのアプリを活用しながら回り、
   この機会にしっかり体験してください」

挨拶回りの多くは、担当者(社員)と上司(管理職・役員)の組み合わせ。
そのため、担当者がスマフォを操作して説明・解説をしながら、
上司を引きつれ、挨拶回りをします。

社長「役員、管理職の人間は、今回は若い人たちから謙虚に学ぶこと。
   若い人たちは、どんな質問でも丁寧にわかりやすく説明をすること。以上!」

//// フィクションはここまで ////

●訪問時間に合わせて公共交通機関を乗り継ぐスケジュールを組みます。
歩く際は、ナビを使いながら万歩計で消費カロリーを計算し、面白い店を発見したら、
その場で検索してお店の紹介をします。

●途中でコーヒーを飲む時もカフェを検索して探し、
入店したらフェイスブックにチェックインし、オーダーした商品を撮影し、
アップします。すぐにあるリアクション(「いい!」)の説明もしながら、
現在のスマフォ事情を上司に説明していきます。

●若いからといってすべての人が使いこなしているわけではありませんが、
使っていない人でもこの際、一緒に体験していきます。

●会社には1人、2人はマニアックなほど詳しい人間がいますので、
事前にその人を中心に、スマフォアプリの勉強会を社内で開くのもいいですね。

●体験すれば、新しいアイデアも沸いてきて、思わぬビジネスチャンスが
生まれるかもしれません。せっかく営業時間内に(挨拶回りに)動くのなら、
会社の発展に時間を使うのも大事なお勤めです。

●しかし、年末年始は挨拶回りの車がうじゃうじゃ沸いてくるので、
名古屋市内ですら、大渋滞になり、勘弁して欲しいです。。。

       ***企画の一番搾り***

    『 一体験は百見にしかず 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「大丈夫、策はある」コロナ禍時代の新ビジネス・アイデア55



「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」
二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議