みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

08スタッフ教育企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2079号 店員さんのアナログ的な情報武装 ~ ローテクが接客にやさしい ~

【企画公開日】2011 .11. 7.(月)

さすがに銀行ATMには抵抗感がなくなりましたが、訪問先企業の受付に
タッチパネルの端末が置いてあると一歩ひいてしまいます。

(苦手なんです…内線電話が一台が置いてある方が嬉しいなぁ)

さて、タブレット端末で営業や接客が増えているそうですが、
きょうは超アナログな接客アイデアを考えてみました。

「名前」で声を掛けられると、責任感も湧きますよね。

▼『店員さんのアナログ的な情報武装』

●店員さんの背中にこんなPRを載せます。

————————————
 私は「小島」です。

 □商品の置き場所がわからない
 □商品について詳しく知りたい など

 お気軽に「小島さん!」と
 声を掛けてください。
————————————

●背中を見せて商品補充など作業をしている店員さんが多いので、
こんなPRで声を掛けやすくしてはいかがでしょう。

●あえて声を掛けやすくするために「さん」付けにしました。
声を掛ける用件を具体的に列挙することで、より声を掛けやすくします。

●店員さんも「名前」で呼ばれたら、より責任感も湧きますよね。
そして、店員さんは商品陳列の場所を聞かれた時、こう接客します。

◆例えばホームセンターで掃除道具のフローリングワイパーを聞かれた時。

店「では、こちらへどうぞ」

とお客さんを誘導します。そして、

店「フローリングワイパーはこちらに置いております。
  もし、掃除機をご希望でしたら、こちらに置いておりますので、
  お時間がございましたら、ご覧ください」

と、持っていた「白紙の店内マップ」にペンで印を描き、
お客さんに手渡します。

●お客さんが「掃除機」を希望したわけではありませんが、
店員が「ひょっとしたら、掃除道具を探しているのでは?」と想像し、
店内マップを手渡します。

●余計なおせっかいかもしれません。想像が外れることもあると思います。
しかし、「気配り」と「おせっかい」の境目はわかりません。
こういう提案をしていくからこそ、
次第にお客さんが望む商品がわかります。

●白紙の店内マップには、こうも書かれています。

————————————
 店員のご案内が役に立ちましたら、
 アンケートに答えて、レジ横の箱に入れてください。
 店員の励みとサービスの向上に活用させていただきます。
————————————

●アンケートは記入式ではなく、「満足」「まあまあ」「不満足」の箇所に
切り込みを入れるだけの簡単なアンケートです。

●白紙の店内マップには手渡した店員の名前が記載されてので、
誰が接客したか、すぐにわかります。

●店舗効率が行き過ぎると、人によって冷たさを感じてしまいます。
ちょっとおせっかいで、ばかばかしいくらいの接客の方が
私は温かくて嬉しいと思います。

       ***企画の一番搾り***

  『 おせっかいなくらいが気配り上手 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議