みんなの企画部

2750

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

08スタッフ教育企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第1898号 マスクのユニフォーム化 ~「只今、マスクをして接客しています」~

【企画公開日】2011 .1. 31.(月)

インフルエンザに感染して、病院に行き、改めて思いました。

「病院の医師や看護師さんは、本当にすごい」

病気の人を相手にしながら、予防もしているのですから。
最近は、受付の看護師さんも常時マスクをしています。

調剤薬局の薬剤師さんも、ドラックストアの店員さんも
いつもマスクをしているお店があります。

不特定多数の方が出入りしている「職場」では、マスクを常時して、
接客してもいいのではないかと思います。
そこで、こんなサービスはいかがでしょう。

▼『マスクのユニフォーム化』

●インフルエンザが流行っているからという予防処置ではなく、
冬季のユニフォームとして、マスクを「ユニフォーム化」してはいかがでしょう。

マスクのカラーをはじめ、ロゴマーク入りのデザインを施し、
ユニフォームにあったマスクを作ります。

●そのユニフォーム化したマスクをして、接客をします。
その方が普通に白いマスクをしているより違和感がなくなります。

●不特定多数の方が出入りする職場にいる方は、
常に感染の危険にさらされています。

そのため、職場環境の向上という観点からも
マスクのユニフォーム化がいいのではないでしょうか。

(春の花粉の時期は花粉症の人には、なおいいかもしれませんね)

●また、マスクをしていることに文句をいう人はいないと思いますが、
万が一に備え、

————————————–
 当店では多くのお客様を接客するため、
 感染拡大を防ぐために、マスクをして
 接客をさせていただいております。
————————————–

と店頭に掲示してはいかがでしょう。
「うつさない、うつらない」はとても大事なことです。

●今は、感染が確認されると、瞬く間に社会に広がってしまいます。
そんな予防処置として推奨するのも必要かもしれません。

●また、医療機関のみならず、飲食店などでもいかがでしょう。
病気の感染だけでなく、衛生上もよいと思います。

大きな声で接客する店も多いですが、結構、いろいろな物が
飛んでいる可能性もあります。

また、タバコをすわない店員が喫煙ルームで接客するのも
かなり苦痛をともないます。

●やりすぎと言われるかもしれませんが、
そうしなければいけない社会環境なのかもしれません。

●マスク接客が普及したら、「目だけで接客する方法」なんて
流行るかも?

   ***企画の一番搾り***

     『 標準化 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「大丈夫、策はある」コロナ禍時代の新ビジネス・アイデア55



「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」
二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議