みんなの企画部

2516

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

08スタッフ教育企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第1664号 備品バイヤー ~欲しい備品は自分たちで!?~

【企画公開日】2010 .2. 4.(木)

なかなか明るい材料がない世の中です。
企業の売上も伸びない中、経費の削減もより厳しさを増しています。

無駄はなくすべきですが、現場では必要なものだってあります。
しかし、なかなか購入してくれません。

そこで、こんな制度で購入してはどうでしょう。
スタッフも努力します。

▼『備品バイヤー』

ある企業のお昼休み。
女性スタッフがパソコンの前に集まっています。

A「うわぁ、思った以上の高値! すごいわ」
B「こっちも! 私は要らなかったけど、
  欲しい人もいるんだわぁ」
C「ね、結構売れるもんでしょ」

女性スタッフが話しているのは、ネットオークションでの値動き。

Cさんがネットオークションについて詳しいので、
Cさんがリーダーになり、スタッフが持ってきた要らないモノを
オークションに出品しています。

C「この調子なら、買えそうね!」

買いたい商品は、電子レンジ。会社の休憩室には、電子レンジがありません。
持ってきたお弁当を温めたいが、それもできません。

会社に申告しても経費削減中のため、新しく購入なんてとても無理。

そこで、会社と交渉して、購入価格の50%(仮)は会社が負担して、
残りの50%(仮)は、自分たちで家庭にあるいらないものを持参して、
ネットオークションで稼ぐことになりました。

だから、ランチタイムに入札状況をみんなで見ていました。

A「明日が楽しみね」
C「これなら、Aさんの“お小遣い”もできそうね♪」

オークションの売上が予想より超えた場合は、品を持ってきた人に
還元されます。

購入品もオークションやリサイクルショップで購入するので、
安く購入できます。

経費削減も必要ですが、何でも削って職場の環境が悪くなるのも
仕事に悪影響を及ぼすかもしれません。

従業員も要求だけでなく、自分たちも知恵をだし、努力して、
職場環境を改善していくなら、悪くないですね。

ビジネス感覚やコスト意識が芽生えるかもしれませんよ。

   ***企画の一番搾り***

   『勉強と実益をかねて』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。