みんなの企画部

2477

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

08スタッフ教育企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第1656号 L-ラーニング ~わが社の会議室は「ランチタイム」が一番暑い!?~

【企画公開日】2010 .1. 25.(月)

企画の幅を広げようと、いろいろな分野の勉強にチャレンジするのですが、
続かない…。日常業務に終われ、忙しい、時間がないと、言い訳のオンパレード。
挙句の果て、「やっても意味がない」という始末。。。

情けない、と思いつつ、また懲りずにチャレンジします。
まぁ、三日坊主も100回やれば1年続けたことになりますからね。

さて、資格取得には根強い人気があります。しかし、いざ、
はじめようと思っても(続かないよなぁ)が頭をよぎります。

そこで、(これなら続くかも!?)と思わせる通信教育を
考えてみました。

▼『L-ラーニング』

●『L-ラーニング』の“L(エル)”は、ランチのL。
ランチタイムの15分を学習時間と位置づけた通信教育。

ランチタイムというと、もちろん自宅ではありません。
会社です。会社のお昼時間の15分を使って学習します。

学習カリキュラムも15分で完結できる内容のプリントを用意し、
主にプリント学習。

●お昼を済ませて、会社の会議室へ直行です。
会議室で勉強するのには理由があります。

自分のデスクにいると、何かと上司から頼まれごとをされたり、
電話がなったりと、集中できないからです。

●会議室では、各自が「きょうのプリント」を解きます。
プリントを解くと、午後の仕事が始まる前に指定のFAX番号へ送信。

●会社のランチタイムを狙ったのは、受講者が時間が確保しやすい点。
自宅でも時間は作れますが、疲れて帰ってから勉強するのは、
容易なことではありません。(多くの人が経験しています)

最近は、有料の自習室もありますが、それでは不経済。
そのため、会社のランチタイムの空き時間が“空白時間”。

●また、会社で学習するメリットは、人の目があること。
人の目があれば続けやすく、モチベーションもあがります。

同僚と同じ通信教育をはじめたら、よりがんばれます。

●そして、夕方6時、仕事が終わる頃に、
採点されたプリントが届きます。

このレスポンスの速さもせっかちな現代人には、
大切な要素です。

●同じ会社(同じ所在地)なら、人数が多いほど、
割引率が高くなると、嬉しいですね。

●さらに、卒業や資格取得で「法人割引枠」が増えたら、
“先輩”としてがんばらないといけないですね(笑)。

●資格の種類やカリキュラムの内容も重要な差別化ですが、
受講者の学習時間をターゲットにしたサービスで
アプローチするのも面白いかもしれません。

 ***企画の一番搾り***

『視点を変えると新しい市場が見える』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。