みんなの企画部

2516

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

08スタッフ教育企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第1508号 仲居さんの地元トレンド塾 ~最新情報を仕入れて、宿泊者へ提供~

【企画公開日】2009 .6. 1.(月)

「検定ブーム」と言われていますが、何かお持ちですか?
地元名古屋にも「なごや四百年時代検定」という名古屋初の検定が
あるそうですよ。皆さんの勤勉さには頭が下がります。

(私ももう少し探究心が旺盛なら角度の違う企画が生まれるのに…)

さて、検定とは言わなくても地元の情報に詳しいと得する職業を
探してみたら、ありました!

旅館の仲居さん(ホテルのスタッフ)もその一つです。
そこで、こんな企画はどうでしょう。“通”な人がいると
頼りにしたくなります。

▼『仲居さんの地元トレンド塾』

ある旅館に宿泊しました。
私はチェックインを済ませ、部屋に案内されました。

仲居さんが館内の説明をしている時に、あることに気づきました。

私「そのワッペンは何ですか?」

  —————————————
    ≪私は地元通!≫ ☆☆☆★★
    郷土料理、飲食店、流行、お土産など、
    何でもお気軽にお聞きください♪
  —————————————

仲居「はい、ありがとうございます。
   明日、お立ち寄りしたい場所やご希望がございましたら、
   お気軽にお尋ねください。旅行雑誌には載っていない、
   地元の旬な情報や人気スポットなどをご案内させていただきます」

●聞くと、この旅館の仲居さんたちは、毎週1回、地元タウン誌の編集者を
お招きして、勉強会をしているそうです。

私「へぇ~、勉強熱心ですね!」

●旅行ガイドでは代表的な施設や飲食店しか載りませんが、
毎月発行し、常に新しい情報を掲載しているタウン誌なら、
地元の情報がたくさん集まっています。

●そんな方を旅館に招き、できるだけリアルタイムに人気のスポットや
飲食店の情報を収集し、勉強しているそうです。

仲居「ちなみに私はまだ★二つですが、★5つの達人も当旅館には
   おりますので、見かけたらお気軽に声を掛けてください」   

●いくら地元に根付いている旅館といえども最新情報って、
なかなか手に入らないです。また、集めようと思っても難しい。

●それなら、情報が集まる方から教えてもらった方がいいですね。

●宿泊者も仲居さんが「地元通」と知ればどんどん話しかけたくなりますし、
仲良くなってファンになるかもしれません。

●記者や編集者にも活躍の場が広がります。

●露天風呂からの眺めがいい、という派手さはありませんが、
目に見えないサービスにこそ、人を引き付ける価値があると思います。

         +++++ 今日の企画一番搾り +++++

       『 目に見えないものに価値がある 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。