みんなの企画部

2567

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

08スタッフ教育企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第1447号 「ラジオで絵を描く」講座 ~1日1回、視覚的情報を遮断してみる~

【企画公開日】2009 .2. 27.(金)

1日中、パソコンの画面を見つめていることがあります。
軽く10時間は越えるでしょう。

おそらく、エンジニアやデザイナーも毎日そんな生活を繰り返し
ていると思います。あまりよくないのは、実感として理解できます。

ある脳神経外科医も「もっと目を動かした方がいい」と言っています。
また、「耳からの情報を入れて、メモを取る訓練もいい」とも。

これはいいヒントです。
では、こんな習慣を1日1回はどうでしょう。

▼『「ラジオで絵を描く」講座』

●午後3時になりました。
スタッフの一人がラジオを付けました。

オフィスにラジオの音が流れます。
すると他のスタッフは、パソコン画面を一旦消しまた。

●そして、ラジオの音に耳を澄ませます。
聴こえてきたのは、ある物語です。

その物語は、毎日放送されていて、
きょうの話は昨日の続き。

●スタッフは、その物語を聴きながら、
紙になにやらラフスケッチを描いています。

●午後3時10分。
物語が終わりました。

●終わると同時に、みんな一斉に絵を描き始めました。
鉛筆描きの人、パソコンで描く人、クレヨンで描く人。

描きあがると、ラジオ局のホームページに投稿します。

●投稿した絵は、リスナーが投票をし、
「ベストビジュアル賞」が決定します。

「ベストビジュアル賞」に選ばれると、
その日のストーリーの挿絵に採用されます。

●そう、この企画は、毎日ラジオで物語を流し、
リスナーにその挿絵を描いてもらうラジオ講座。

●パソコンの画面ばかりをみているオフィスワーカー向けに
企画された番組で、午後3時から10分だけ放送されます。

「1日1回、耳を澄ませて、想像力を養いましょう」

●一つの物語が終わると、一冊の絵本になって発売されます。

●多くの人は視覚情報に頼りきっていて、
聴覚からだけの情報に戸惑う人もいるそうです。

耳からの情報で絵を描く。

●なかなか面白くないですか?
ラジオならではの企画です。

●前日までの物語と挿絵は、WEBで見れるようにして、
上手にメディアミックスしたら、ラジオ、WEB、書籍と、
いろいろな楽しみ方ができます。

         +++++ 今日の企画一番搾り +++++

            『 情報遮断 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。