みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

08スタッフ教育企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第1185号 企画マン採用代行 ~こんな試験は過酷か…~

【企画公開日】2008 .1. 24.(木)

「企画マンを採用したいのだが、採用試験を考えてくれないか?」

と依頼されたとします。(今まで一度もありませんが…)

そうしたら、どんな試験をしようか、考えてみました。

ちょっと過酷かもしれませんが、
こんな試験をパスした人なら、私が“右腕”にしたい!

▼『企画マン採用代行』

●担当者「四つの課題を出します。
    その課題を解決する企画書を作成してください。

    各課題の制限時間は30分。
    もちろん、企画書の作時間も含めてです」

●30分という時間制限も厳しいですが、四つの課題はそれぞれ違う
パフォーマンスで企画提案しなければいけません。

 1.A3手書き企画書…図を駆使し、ビジュアルで表現する

 2.原稿用紙1枚で、文章で表現する

 3.パソコンを使って、A4一枚で表現する

 4.資料は何も使わず、口頭のプレゼンで発表する

●各自が課題を見ながら、自由にパフォーマンスを決める方法と、
課題に対して、パフォーマンスの仕方を会社側が決める方法がありますが、
後者の方が判定がしやすいですね。

●そして、最後は、自由テーマで提案ができます。
パフォーマンスは、4つのうち、どれでもOKです。

●これにより、企画の瞬発力と多才性、表現力を判断することができます。
ただでさえ、採用難の現在で、これは厳しいかな。。。

●それだけの舞台(仕事)と報酬を提示すれば、企画・アイデアに
自信のある猛者が乗り込んでくるかもしれませんね。

     +++++ 今日の企画一番搾り +++++ 
 

      『  敷居の高さ  』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議