みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

08スタッフ教育企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第1175号 営業車エコドライブ・コンテスト ~意識一つで経費も削減できます~

【企画公開日】2008 .1. 9.(水)

ガソリン代が高いままですね…。

普段、通勤や営業では車を使わないので、私にはそれほど痛くは
ありませんが、営業車が多い会社は痛いですね。

以前勤めていた会社にも7、8台の営業車がありましたが、
(取引先の都合で外国車もありました…贅沢!)
営業車を運転する時って、意外に乱暴な運転をして
エコ意識に欠けていませんか?

そこで、こんな運動を社内でしてはどうでしょう。
▼『営業車エコドライブ・コンテスト』

●内容は簡単です。各営業車の燃費を計算して、コンテストを行います。

●まずは、エコドライブ講習を社内で行います。
専門家を呼び、燃費がよくなる運転の仕方を学びます。

●余談ですが、エコドライブだと必然的に運転がやさしくなるので、
運転マナーのほか、事故も減るかもしれませんよね。

●営業車の担当が決まっていない会社は、
1台ごとにグループを作り、グループで競います。
(担当と責任者を決めないと、こういう運動は機能しません)

●燃費は、一ヶ月単位とし、給油した量と走行距離で算定します。

●比較的、営業車は同じ車種やクラスの車が多いので、
燃費の違いがはっきりでますよね。

●運転の仕方のほか、荷物を積みっぱなしで車載重量が重かったり、
空気圧が低かったり、オイル交換などメンテナンス不足であったり。

●これらのことは、最初の講習でも習いますが、
時々、アドバイスをしてくれると嬉しいですね。

●「エコドライブアドバイザー」を担当するのは、ガソリンスタンドや
車のメンテナンスをしているディラーが行ってはどうでしょう。

●物売りだけでないビジネスのつながりが生まれます。逆に、
アドバイスができるガソリンスタンドは、営業の強みにもなります。

●私の経験から、営業車の燃費だけにとどまらず、いつも使う場面から
意識を高めると、いろいろなところに、環境に配慮した意識が
芽生えてきます。

     +++++ 今日の企画一番搾り +++++ 
 

    『 些細なキッカケが社内を変える 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議