みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

08スタッフ教育企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第1121号 朝礼話会(ちょうれいわかい) ~類は友を呼び、智恵を出し合う~

【企画公開日】2007 .10. 12.(金)

○ちょうれい‐ぼかい【朝令暮改】
朝に出した命令を夕方にはもう改めること。

よい意味では使われませんが、妻に言わせると、私はもっとタチが
悪いそうです。

妻「あなたは、言ったことすら、覚えていない」

そう、私は、よく考え事をしているので、まさに上の空で、
“別人格”が妻との会話に対応することがあり、言ったことすら、
まったく記憶にないことが多い。

一応、会話しているから偉いな~と自分で自分を褒めながら、
きょうは、「ちょうれいわかい」の話。

▼『朝礼話会(ちょうれいわかい)』

●朝礼のとき、社員の前で、その日の「訓示」を話す人も多いでしょう。
これは、そういう人たちのための会です。

●早朝、ホテルに用意された「朝礼話会」ルームに集まります。

●部屋には円卓が設けられ、1テーブル5名が座ります。
5名の理由は、月曜から金曜までの5日分のため。

●各自、順番が決められます。担当日を決めるのは、出席率を高めるため。
自分が欠けたら他の4名に迷惑がかかると思うと、前の日に飲みすぎても、
出席しますよね(笑)

●各自は、担当日に、自分が持ってきた朝礼ネタを披露します。

●しかし、業種も分野も違う人が集まる会。自分の会社だけ通用するネタでは
困ります。5名は予め、会社のプロフィールを公表しておきます。

●そして、各自はそのネタを持って、自分の会社で朝礼をします。

●もちろん翌日、反省会があります。反省会では、社員の反応や感想を
述べます。こういうフィードバックと切磋琢磨が大切です。

●ネタなんて、その辺から持ってきたら、という人もいますが、
これがなかなかないのです。しかも毎日となると…。

●しかも社員はいつも心の中で腕組しながら聞いているので、
いい加減なことはいえず、同じネタを2度話すことも、とても恥ずかしい。

●ホテル側もネタ本をそろえたり、ホテルで起きたいい話や苦情などの
情報提供して、超ニッチな集客に使ってはどうでしょう。

●ポイントは、皆会社の幹部ということ。

     +++++ 今日の企画一番搾り +++++ 
 

     『  集まる理由を提供する  』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議