みんなの企画部

2455

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

03集客企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , , , ,

第2849号 【 無料体験の窓口 】都合に合わせて無料体験が受けられる?

【企画公開日】2015 .2. 25.(水)

タウン誌を眺めていたら「マッサージ」に分類される店舗も
いろいろな種類があるんですね。足の裏、骨盤、背骨、頭皮などの専門店から
自律神経専門の店舗もあるようです。

体をほぐしてもらえると本当気持ちいいですよね。
散髪屋さんのマッサージだけでも寝入るほどリラックスできます。

さて、春は習い事を始める人が増える傾向にあります。
そこで、こんなマッチングサービスはいかがでしょう。
営業する側も一箇所でまとめてできるならありがたいです。

▼【 無料体験の窓口 】

●「無料体験の窓口」では、専用サイトから法人限定で、
「無料体験」を受けたい企業を募集しています。

●希望する企業は無料体験を受ける
◎場所(例:名古屋市錦)
◎希望人数(例:1回10分5〜6名程度)
◎時間帯(例:昼12時から13時)
◎希望サービス(例:マッサージ)
を専用サイトに入力するだけでOKです。

●あとは「無料体験の窓口」から連絡があり、
希望のサービスであれば「無料体験」を受けます。

●希望の場所・日時にマッサージ店スタッフ(例)が来て、
昼のランチタイムを利用して、社員がマッサージを無料で体験します。

「なんで無料?」

●理由は、マッサージ店は営業が目的のため。
平日の空いている時間帯を利用して営業エリアにある企業へ、
出向き、サービスの質の良さを体験していただき、
店舗へ誘客することが目的です。

●行きたくても馴染みのない店には入りづらい人は多いと思います。
しかし、そんな方を探して一人ずつアプローチするのも大変です。
そのため、企業へ出張し、まとめて体験してもらいます。

●営業する側は「無料体験の窓口」への登録は有料ですが、
出張先企業の男女構成や年齢層などで選択して、
できるだけ希望の顧客層を狙うこともできます。

●タウン誌への広告も結構お金がかかります。
広告では無料体験をうたったり、割引をしますので、
一人体験するだけでも結構なコストがかかります。

●それより「無料体験の窓口」を利用した方が時間と手間はかかりますが、
確実にサービスを体験してもらうことができ、誘客の可能性は高くなります。

●マッサージに限らず、大人の英会話でも「出張授業」を行えます。
エアロビやヨガも会議室などを利用して体験することができます。

●オプションで体験した感想をアンケートにとり、
「無料体験の窓口」からフィードバックしてもらえたら、
より効果的な「出張営業」ができます。

●「待つ」より「攻めたい」店主には、ぜひ利用したいサービスです。
店舗にとって営業手段は意外に少なく、マンネリ化しています。

★アイデア軸★『 個人相手でも企業は狙い目 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。