みんなの企画部

2422

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

03集客企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2398号 「入場料はクルマ一台分」的発想 ~ まずは足を運んでもらうことが大事 ~

【企画公開日】2013 .3. 19.(火)

駐車場料金を取り、入場料を取り、
施設内(あるいはイベント)でも高額料金。。。

付いて行く(何も知らない)子どもは楽しいけど、
連れて行く(お金を支払う)大人は気が気でない!?

そういえば、野球観戦も高いよなぁ…。

楽しいことにお金を使うのはいいですが、
そこにたどり着くまでにお金を取りすぎだと思います。

そこで、こんな発想はいかがでしょう。
ポイントは、人が増えれば使うお金も増えます。

▼『入場料はクルマ一台分』

●いっそうのこと、入場料をクルマ一台当たり
いくらにしたら、どうでしょう。

駐車場料金は取りません。
一人当たりの入場料も取りません。
取るのは、クルマ一台分の料金のみ。

●そうすることで、何が起きるでしょう?

そう、できるだけ1台の車にたくさん乗せて来場したくなりますよね。
だって、その方が一人当たりの入場料金が安くなるから。
小学生でも計算できます。

●今はワゴン車が多いから、A家族が行きたいと思った時、
友人のB家族にも声を掛けて、

「○○へ行こうと思うけど、一緒に行かない?
 その方が入場料が安くなるのよ!」

ね、この方が誘いやすいでしょ。

●施設やイベント側も同じ駐車場台数でも
この方式の方が格段に入場者数が増えるわけです。

1台で3~4人のところ、倍の8人になることもあります。
どうせ一台分ならセダンよりワゴン車の方がお得になり、
さらに人数を詰め込んで来場するでしょう。

●クルマで来場した際、駐車場入口で一台分の入場料を支払う時に
係員がクルマの中の乗車人数を確認して、人数分のチケットを
手渡します。

●公共交通機関で来場された方の入場料は、一般車両1台で最大8人
乗車された場合の1人当たりの入場料金より若干低めに設定して
いただけはOK!

●要は、施設内やイベント内でお金を使ってもらうことが目的。
入場者数が増えれば、お金を使う機会が増え、
売り上げがアップするという考え方。

●遊ぶ前にお金を取りすぎると、行くのに躊躇したり、
二度と行きたくなくなります。

●机上論なので実際の集客効果や売り上げ効果はわかりませんが、
一度、イベント的に「入場料はクルマ一台分」をお試しで
実施してみてはいかがでしょう。

テーマパークでも行けば、飲食もしたくなるし、
お土産も買いたくなります。

ついついお金を使いたくなるので、まずは来てもらうことを優先に
集客アイデアを練ってはいかがでしょう。

●しかし、だからと言って駐車場料金も入場料金も無料にしては、
逆に増えないような気もします。

(まぁ、これもやってみないとわかりませんが…)

       ***企画の一番搾り***

   『 今までの料金体系でいいのか? 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。