みんなの企画部

2497

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

03集客企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2332号 手土産で有料試食 ~ 食べた後の方がおススメしやすい ~

【企画公開日】2012 .11. 29.(木)

昨日、お会いした方から手土産(お菓子)をいただいたのですが、
なんと、そのお菓子、私がよく手土産でお持ちするお菓子でした!

よく手土産でお持ちするのですが、実は私は食べたことがありません。
(だって、自分で食べるにはちょっと高いから…)
はじめて、食べたら、やっぱり美味しかったです♪

さて、最近、有料の「お試しサービス」が人気だそうです。
家電製品から高級シャンプーなどもあるそうです。
そこで、こんなサービスを考えてみました。

▼『手土産で有料試食?』

●例えば、デパ地下の店舗。
店頭にこんなPOPを出します。

——————————
ご希望のお菓子を3点(100円)で試食できます。
もし、お買い上げされる場合は、お買い上げ商品から
100円引かせていただきます。
——————————

●店頭で販売しているすべての商品に関して、
3点に限り、100円で試食できるサービス。

小袋商品ならそのまま1個。
大きめの商品なら、カットして提供してくれます。
※通常、試食品は常設しておりません。

●このサービスがあることで、味見して気に入った商品が買える上、
手土産の場合、一言添えて渡すことができるので、
受け取る側も気持ちがこもっている感じがしてうれしいと思います。

●店舗側も一言添えて渡すか、「どうぞつまらないものですが…」と
渡されるかでは、大きく違います。

●もちろん100円では費用的にも赤字で手間もかかりますが、
他のお店の商品と迷っている見込み客をぐっと引き寄せるには
いいサービスだと思います。

●購入時に100円値引きしてくれるのも、
「ちょっと食べてみようかな…」と思わせます。

●できれば試食担当を設けて、試食の際に、
一言二言説明してくれると、なお、ベスト。

●手土産を渡す相手が大切な方ほど慎重に選びたいし、
お会いした際に、会話のキッカケづくりにも手土産は重要です。

「○○産の、今一番美味しい時期の○○を使って…」

という一言があると、渡す方も受け取る方も心がこもりますよね。

●また、「無料でどうぞ」という試食より有料試食の方が価値が
高く感じます。

       ***企画の一番搾り***

     『 思い切って有料で提供 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。