みんなの企画部

2533

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

03集客企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

第2321号 キャラ・トレード ~ お互いに盛り上げよう♪ ~

【企画公開日】2012 .11. 13.(火)

子どもたちが野球をはじめてからは、すっかり家族でお出掛けすることが
なくなりました。(今はもっぱらグラウンドのみです。。。)

小さい頃は、よくテーマパークにも出かけました。
やっぱり小さい子がいるファミリー層が多いですよね。

行くまでは、テーマパークは子どもの遊び場と思っていましたが、
大人でも楽しめる施設やサービスもたくさんあって、行けば楽しいです。

きょうは、テーマパークの集客について考えてみました。
不況で客足が伸び悩んでいるテーマパークも多いので、
みんなで一緒に「テーマパークファン」を増やしてはいかがでしょう。

▼『キャラ・トレード』

●テーマパークには、必ずと言っていいほどキャラクターがいます。
そのキャラクターに「出張」してもらっていはいかがでしょう。

出張先は、ライバルのテーマパーク!

●お互いのキャラクターが“敵地”に乗り込み、
キャラクター自らテーマパーク内を練り歩き、
チケットを配布して集客します。

ちょっと斬新じゃありませんか!?

そこに来園していたお客さんたちも、
「えっ、(ライバルが)何でいるの!?」とビックリ!
インパクト大です!!

●配布するチケットはお互いのテーマパーク同士が協議して決めておきます。

例えば、大人2人以上で子ども1人無料券(仮)のチケット。
もし、大人4人なら子ども2人が無料になります。
想定は、家族4人(親2人子2人)にプラスおじいちゃんおばあちゃん。

おじいちゃんおばあちゃんの“スポンサー”付きなら、
入場料以上にお金を落としていってくれます。

●この「キャラ・トレード」は、一対一ではなく、
「連合」として複数施設で作ったら、より面白いかも。

●配布するチケットには、「パスポート相互利用券」があってもいいかも。
「パスポート相互利用券」は、Aテーマパークの「パスポート」があれば、
Bテーマパークに1回のみ無料で入れるチケット。

小さい子がいると、親は、毎週どこかに連れて行けとせがまれるので、
こういうサービスがあるとうれしいと思います。

●少子化で減る一方の「ファミリー層」なので、
奪い合うのではなく、譲り合ってはいかがでしょう。

これも共存かな?

       ***企画の一番搾り***

       『 共存関係 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。