みんなの企画部

2455

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

03集客企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2310号 「エンジョイ・レイン」チケット ~ 雨の日はウズウズしている人たち…。 ~

【企画公開日】2012 .10. 29.(月)

昨日(日曜日)は雨で、野球の練習は一日お休みでした。
久しぶりにまったりとした休日を家族で過ごしました…。

が、しかし、まったりしたのは、午前中の早い時間帯だけ。
もともと出掛けることが多い我が家ですから、家の中で過ごすより外出が好き。

結局、買い物もせずにショッピングセンターをうろうろしていました。。。
普段、屋外で活動している人は、雨の日を楽しむのが下手なのかも…。

そこで、こんな販促はいかがでしょう。

地味な販促活動ですが、メディアの広告媒体やネット広告より、
費用対効果は高いと思います。

▼『「エンジョイ・レイン」チケット』

●雨の日を楽しむためのチケット(クーポン)を
普段、週末は屋外でスポーツを楽しんでいる人に
ピンポイントで配布する販促戦略です。

●スポーツを楽しむ人とは、少年野球やサッカーの子どもから、
ソフトボールやゴルフを楽しむ大人まで。
子どもにいたっては、その家族も対象にします。

●全天候型の施設なら施設そのものを売りにして、
そうでない施設も、雨の日ならではの楽しみ(イベント)を企画し、
イベント化します。

●配布方法は、競技団体の代表や本部、協会に「配布してください」と
まとめてお願いしたり、大会などがあればスポンサーとして協賛し、
チケットを配布します。

●一般人の方が参加する大会は、非常に低予算で大会を運営しますから、
数万円のスポンサー費でもとても喜ばれると思います。

もし、数万円でチケットが対象者にピンポイントで配布できるなら、
費用対効果は悪くはありません。子どもの場合は、家族もついてきますから、
より効果的です。

(私が住む地元のバッティングセンターは、チームごとに無料チケットを
 子ども全員配布しており、雨の日には、よくそのチケットを利用します。
 行くと、チケット分だけでは物足りず、多めに楽しんでしまいます。
 また、私も打ちたくなるんですね…)

※晴れた日に川原のグラウンドを回れば、まとめてチケットが配れそうですが、
おそらく広告宣伝活動は禁止されていると思いますので、難しいでしょう。

●あるいは、「チーム丸ごとウェルカム!」と題して、
チームごと、招待するイベントも面白いかも。

例えば、練習を予定していた日が雨で中止になった場合、中止の連絡と同時に、
「せっかくなので、みんなで一緒に遊びに行こう!」と部員を集め、
チームまるごと遊びに来てもらう企画です。

もちろん、事前の確認(予約)が必要ですが、
団体客は、施設側にとってもうれしいですよね。

●雨の日は何かと出足が悪くなりますが、普段、屋外で活動している人たちは、
基本的に体を動いている方が楽しく、雨の日でもうずうずしていると思います。

そんな人たちを対象に「雨の日を楽しむ」提案をして、
集客に繋げてみてはいかがでしょう。

●野球少年を持つ親たちも「雨の日くらい家族一緒に楽しみたい」という需要は
結構あると思います。

       ***企画の一番搾り***

   『 雨の日こそ楽しめることって? 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。