みんなの企画部

2455

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

03集客企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2276号  特設!宿題デスク ~ 連れて来るお母さんも喜ぶ? ~

【企画公開日】2012 .9. 7.(金)

子どもが小学生くらいだといろいろな病院に通いますね(苦笑)。

風邪気味で近所の病院へ行くことにはじまり、
歯医者さんへ行ったり、耳鼻科へ行ったり、
接骨院に行ったり、眼科に行ったり。

怪我や病気で通うことになると、頻繫に行くことになります。
小学生だと多くはお母さんも一緒に付き添います。

そこで、こんなサービスを設けたら、ひょっとしたら、
「お母さんが喜ぶ○○病院」になるかも!?

▼『特設!宿題デスク』

//// ここからはフィクションです ////

長男が小学校から帰ってくると歯が痛いと言い出したので、
近所の歯科へ行くことになりました。
お母さんが早速、歯科へ電話します。

母「これから診ていただきたいのですが、
  よろしいでしょうか?」
歯「はい、大丈夫ですよ」
母「まだ、机は空いていますか?」
歯「はい、今なら1つ空いております」
母「わかりました、すぐに伺います」

そんな電話をした後、お母さんは長男に、

母「じゃあ、きょうの宿題をカバンに入れて、
  持ってきなさい、行くわよ」
長男「えっ、何で宿題を?」
母「いいから、持ってきなさい」

そして、歯科に着き、待合室に入ると、
一般の患者さんの中に、小さな机に向かって、
勉強をしている子が何人かいました。

母「ほら、一つ机が空いているから、
  あなたも宿題をしてきなさい。
  帰るまでに終わらせるのよ!」

//// フィクションはここまで ////

●待合室の隅に折りたためる小さめの机を
いくつか置くだけでOK!

●机を置く時間は、小学生が来院する午後3時から
午後6時くらいのみで、それ以外の時間帯は、
撤去しておきます。

●もし、別室があれば、なお、いいですね。
集中して宿題ができます。

●予約制でもかなり待たされる場合もあり、
こういうサービスがあったら、安心(?)して
お母さんも連れてこれますね。

逆に、お母さんが見ているから宿題も早く済むかも?

●広告宣伝ができない業界なので、こんなサービスで
お母さんの口コミを期待してはいかがでしょう。

「通うなら、あの○○さん(病院名)がいいわよ」

       ***企画の一番搾り***

   『 「評判」になるサービスを創る 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。