みんなの企画部

2497

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

03集客企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

第2186号 カー用品の「車販」  ~ やっぱり“現場主義”? ~

【企画公開日】2012 .4. 24.(火)

昨年末に買い換えたワゴン車は、毎週、(チームの)野球少年たちを乗せて、
遠征に出かけております。“おかげさま”で車内はドロドロで、スライドドアの
動きが鈍いのでディーラーで診てもらうと、「レールに土が溜まっていますね…」と。

(まぁ、次男が卒業するまで(あと5年)乗れればいいか…)

さて、久しぶりにカー用品店に行ったところ、以前にも増してバラエティに
富んでいますね! 「これ、何に使うの?」という商品もたくさん見かけます。

カー用品は、アイデアグッズ的な商品も多いので、
販売方法も工夫してはどうでしょう。

▼『カー用品の「車販」』

●店舗前に、3台のクルマを並べます。
3台のクルマはスポーツ車、小型車、ワゴン車の3台。

この3台のクルマには、それぞれコンセプトの異なる
カー用品が車内に装着されています。

●もうお分かりですね!
実物のクルマを使って、展示販売するのです。

それぞれのタイプのクルマにあわせて、車内の隅々まで、
店内で販売しているカー用品を展示(装着)します。
もちろん、トランクルームまで。

《スポーツ車編》
スポーツ車はスマホを使いこなす若者をターゲットにした仕様

《小型車編》
女性をターゲットにしたかわいい系のカー用品を取り揃え、
収納や利便性にも配慮した仕様

《ワゴン車編》
ファミリー層をターゲットにして、長距離移動でも
楽しくドライブできることをコンセプトにした仕様。

●お客さんは、クルマの中を覗き込みながら、

「これ、いいね!」

見ただけでは使い方が分からない商品にはPOPをつけて解説します。

●商品の一つ一つにはタグを付けておき、店内マップを見れば、
どこの陳列棚に置いてあるか一目でわかるようにして、売り場へ誘導します。

●週末によく新聞に折り込まれるチラシにも「今週の展示販売車は?」と告知すれば、
集客イベントとしても盛り上がります。

●また、「モデル」となるクルマも、お客さんの中から抽選で選らんではいかがでしょう。
お客さんへの謝礼は、展示したカー用品すべて! ※カーナビは別

●さらに、参加型イベントとして、カー用品を使って、
「Myルームコンテスト」も開催します。

選ばれたユーザーがオリジナルコンセプトに基づいて、
指定のクルマをドレスアップしていきます。評価はもちろん、来店客。

●店内で展示販売する方が効率がいいはずですが、
それはあくまで目的買いのお客さん向け。

「衝動買い」や「気づき買い」を狙うなら、実物のクルマを使って、
イベントを企画するに限ります。

●カー用品なんだから、クルマで“売り”ましょうよ♪

       ***企画の一番搾り***

       『 現場で売る 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。