みんなの企画部

2533

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

03集客企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , , ,

第2000号 のぞき見ん ~ 入りたいけど… ~

【企画公開日】2011 .7. 7.(木)

大通りから裏の路地に入ると、
なんとも雰囲気のいいお店があるではないか。

(ステキなカフェだなぁ)

と思いながら、私は入れない。。。

(オレが入ってもいい店?)
(女性ばかりで場違い?)
(ひょっとしたらめちゃくちゃ高かったり?)
(実は会員制?)

そんな小心者の私にはこんなサービスが嬉しい。
お店の看板メニューも教えてくれると、なお入りやすい。

▼『のぞき見ん』

//// ここからはフィクションです ////

ガーデニングが施されたアプローチの奥には木で作られた扉が見えます。
扉の横には、アンテークのランプがやさしい光。

(入ってみたいなぁ)
(店名からしてカフェのようだが…)

入るのをためらっていると、道路からアプローチに入るところに
腰位の高さの小さなハガキ大の看板がちょこんと立っていました。

看板にはこう書かれています。
—————————-
店内が気になる方は
どうぞ、ここから
店内をご覧ください。

《QRコード》
—————————-

私は持っていたケータイで《QRコード》を
読み取りました。すると、

◎店内の様子が動画で流れました。
◎店長が出てきてお店の紹介をしています。
◎はじめての来店されるお客様に

「当店自慢の○○をぜひご賞味ください」

と紹介してくれました。

入る前に店内の様子や店長、スタッフの人柄が知れて、
安心してお店に入れそうです。

//// フィクションはここまで ////

「そんなの入ればいいじゃん」

と言う人もいるかもしれません。
しかし、入りたくても入れない人もいるんです。

そんな人のために、こんなサービスはいかがでしょう。
飲食店だけでなくても小売店でもできます。

あるいは、「のぞき見スコープ」として、
AR(拡張現実)を使って、お店の外観をスマートフォンで映すと
店内がのぞけるというのもいかがでしょう。

目に見えない数字ですが、気になったけど入れなかったというお客さんも
結構いると思いますよ。

***企画の一番搾り***

『 数字に表れない損失 』

 

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。