みんなの企画部

2497

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

03集客企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第1652号 街に賑わいを取り戻せ! ~最新のファッションで街を歩く~

【企画公開日】2010 .1. 19.(火)

「家の中より外で遊ぶ方が好きだ」98年…42% → 08年…34%
節約したいものは「外出着への出費」98年…15% → 08年…26%
(日経新聞2010.01.17/博報堂生活総合研究所)

昨年から「巣ごもり消費」と言われているが、確かに
「ふらっと外出しようかな」ということがなくなりました。

トレンドを引っ張る層でも、「最近は買い物は近場で済ませるから
ブランド品はいらない」という意見も。

このままでは街の賑わいもなくなってしまいます。
そこで、街の賑わいを取り戻すために、こんなサービスはいかがでしょう。
所有欲の少ない若者層にもアピールできます。

▼『街に賑わいを取り戻せ!』

休日のこと。名古屋の繁華街、栄を歩いていると、
向こうから仕事仲間のAさんが歩いてきた。

仕事中では見かけない服装に、ちょっとびっくり。

私「Aさん! 素敵なファッションですね。
  普段とは違う感じで、とってもいいですよ」

A「あっ、コジマさん! ありがとうございます。
  でも、私はOFFでもこういうファッションはしないんですよ」

Aさんが着ているファッションは、今朝借りたんだという。

私「貸衣装ですか?」

A「まぁ、そんなところですね(笑)。実は、栄の街では、
  賑わいを取り戻すために、自分が着てみたいファッションを
  貸してくれるサービスをはじめたんですよ」

聞くと、栄にあるホテルが連携して、最新のファッションを品揃えして、
希望者にポッキリ価格で貸し出しているそうだ。
朝、ホテルで受付し、自分の着たい服を選び、着て街に出てきたそうだ。

私「面白い取り組みですね! 借りているから、普段着ない服でも
  思い切って着てみようと思うわけですね」

A「そうです。もし、気に入ったら買えるそうですが、
  私の場合は“変身願望”を満たすためかな(笑)」

私「よく似合いますよ。試着室ではなく、街の中を歩けるから、
  より似合っているかわかりますね」

A「洋服を借りるとスタンプラリーも参加できてね、全部回ると、
  抽選でこの衣装がもらえる特典もあるみたいです」

と、スタンプラリーのカードを見せてくれました。
回る店を見ると、このサービスを提供しているスポンサーのようです。

私「デフレや不況で、元気がなくなった街に、
  賑わいが戻るといいですね」

バーゲンなどの目的買いで人を呼ぶことも大切ですが、
「なんとなく、楽しそうだから、行ってみる?」という人を
呼ぶためのワクワク感を演出することも街には必要だと思います。

 ***企画の一番搾り***

『なんとなく層を引き付ける』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。