みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

03集客企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第1454号 ファーストコンタクトを狙え! ~話しかけやすいだけで、違う~

【企画公開日】2009 .3. 10.(火)

私も含めて「自分のファッションセンス」に自信がない人が多い。。。
私の場合、自分で服を買って帰り、家で妻に見せると、あからさまに、

(なんでその服…)

という顔をします。だから、情けないとは思いつつ、
服を買うときは妻と一緒に行きます。服のセンスって、難しいですよね。

また、店員さんに聞けばいいのですが、これがなかなか聞けない。
「どこへ着ていく服」とか、「どんな感じの服がほしいか」など、
話している内容を他のお客さんに聞かれるのも、ちょっと…。

そんな時、サービスはいかが。

▼『ファーストコンタクトを狙え!』

●春用のオフィスで着る服を買いに洋服屋さんへ来ました。

●いつものことですが、何を買ったらいいのか、
何が流行で、自分に合う服がよくわかりません。。。

●そんな時、洋服がかかっている店内什器に小さなPOPを見つけました。

  ————————————
    あなたの
  * ファッション・コンシェルジュ *

  今、下記携帯サイトにアクセスして、
  アンケートに答えてください。

  あなたがお探しの洋服を店内にいる店員が
  ご案内いたします。
  ————————————

●どこへ着ていく服なのか、どんな色が好きなのか、
普段、どんな服を着ているのか、イメージチェンジをしたいのか、など。

口ではいいずらいことや、言葉では表現しにくいことを
まず、携帯サイトのアンケートで応えます。

●アンケートに答えると、すぐにメールが店内のパソコンに届き、
店員が確認します。そして、返信メールに、

 「レジにて、店員のコジマをおよびください」

と送ります。すると、お客さんはコジマ店員を呼び、
洋服を一緒に探してくれます。

●店員さんは、お客さん要望を聞いているので、
よりスムーズに探せます。また、会話もしやすいですよね。

●最初のキッカケって、難しいです。話しかけづらくて、
結局何も買わずに店を出てしまうこともよくあります。

●店員にとっても話しかけるタイミングもあります。
こんなサービスもあると、私のような小心者でも“一人で”服が選べるかも

         +++++ 今日の企画一番搾り +++++

         『 ファーストコンタクト 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議