みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

03集客企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第1190号 企業の新聞リサイクル ~他は、どうしているのでしょう?~

【企画公開日】2008 .1. 31.(木)

二紙+夕刊を購読している弊社は、新聞がとても溜まります。
結構邪魔で、狭いオフィスには置き場所にも困ります。

うちは、1ヶ月に1回、地域の資源ゴミの時に出していますが、
他の企業はどうしているのでしょう?

昔みたいに、トイレットペーパーと交換、というサービスは、
ないのでしょうか? そういえば廃品回収車って見かけません。

そこで、こんなサービスがあると嬉しいなぁ。
▼『企業の新聞リサイクル』

●新聞配達所から電話がありました。

「今月も第四週の金曜日の午後1時でよろしかったでしょうか?」

「はい、お願いいたします」

●何の日時か。それは、新聞を回収してくれる日時です。
回収は、専門の回収業者ですが、新聞配達所が仲介しています。

●日時を指定して回収でき、新聞を配達しているお客さんのところへ
行くので、確実です。とっても効率的です。

もちろん、新聞だけでなく、他の資源ゴミも回収してくれます。

「すみませんが、今月がダンボールもたくさんあるのですが…」

「はい、大丈夫ですよ。一緒に回収いたします」

●企業にはダンボール箱で荷物が届くことが多いですよね。
備品を購入してもダンボール箱です。

●だから処分に困ります。一緒に回収してくれるととても嬉しいです。
事業ゴミは有料で出していますが、オフィス街を回れば、
移動距離も少なく、さまざまな資源が回収できそうです。

●それを新聞配達所が仲介したり、
「うちは回収サービスもしますよ」と営業してもいいと思います。

●また、回収した資源ゴミを地域の施設に寄付するという仕組みを
作ったら、より参加してくれる企業も増えると思います。

     +++++ 今日の企画一番搾り +++++ 
 

      『  出し入れの法則  』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議