みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

07リサーチ企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第3468号 【 実店舗復権へ「店長が聴く」 】部下や業者に任せず、自分で聴いてみる。

【企画公開日】2017 .10. 20.(金)

昨晩、次男と夜練を終えた後、次男が
「本屋へ行っていい?」と言い出したので、
自宅へ帰る途中で連れて行ってあげました。

道中、次男に「欲しい本があるなら、ネットで頼んであげるよ」と言うと、
「ううん、本屋で見て買う方がいいから」と。

次男のこの一言で、きょうのネタというか
提案を思いつきました。ぜひ、実施してほしい!

▼【 実店舗復権へ「店長が聴く」 】

店長が来店しているお客さんにインタビューします。
インタビューの内容は、
(1)来店した経緯
(2)店内での目的
(3)何が欲しいか

など。

実は、インタビューの内容はさておき、
店長自らがお客にインタビューすることが大事。

部下や業者に任せず、肌でお客と接することで、
「ネットで頼める時代にわざわざ来店した目的」を
リサーチするのです。

忙しい業務の合間を縫って、店長自ら1時間ごとに
店内にいるお客にインタビューします。
インタビューも形式的な質問に終始するのではなく、
ざっくばらんに会話しつつ、いろいろリサーチします。

リサーチ後は、お礼に「100円券(仮)」を
「本日から使えますので使ってください」と手渡します。

話を聞くと本屋なら「時間つぶし」「通りすがり」「待ち時間に」と
言うお客もいると思いますが、それなそれで店づくりを考えたらいい。

友人の作家に聞いた話によると、
店員が商品の本を陳列する業務を優先するため、
お客とは話をするなと指導しているお店があるそうです。
こんなお店が来店したくなるお店になるはずがありません!

また、「店長自ら」と言う点でお客は真剣に話をしてくれるし、
「店長と仲良くなった」というだけで来店回数が増える可能性もあります。

お店に行ったら顔見知りの店員さんがいるのは、
お客としてなんだか嬉しいですよね。

競合店やネット通販のことばかりを気にしすぎて、
目の前のお客を見ていない店舗が多い気がします。

「お客に聞く」ことなんて、
いつでも誰でもできることですが、
実際にやっているお店がどれだけありますか?
そもそも来店客の男女比すら知らないのでは?

★アイデアコンセプト★
『 実際に聴く 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議