みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

07リサーチ企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

第2432号 パッチテスト 日焼け止め編 ~ “トラブル”を逆手に取る ~

【企画公開日】2013 .5. 10.(金)

最近、会う人会う人に「黒くなりましたね」と言われます。
日差しが強くなりましたからね…。

40過ぎには、正直日焼けはキツイので、グラウンドでは、
顔以外は露出しないようにしています。

さて、そろそろ日焼け止めのCMが流れる季節ですが、
日焼け止めのトラブルとして肌に合わないことが多いそうです。

直接肌に塗りますから、新商品が出るたびに変えると
それだけリスクも高まります。

そこで、こんなサービスを考えました。
今は、女性だけでなく、男性にも愛用者がいたり、
小さいお子さんにも日焼け止めを塗るお母さんも増えています。

▼『パッチテスト 日焼け止め編』

●たとえば、ドラックストアで【日焼け止め商品のパッチテスト】を
実施してくれるというのはいかがでしょう。

●新商品の中から、自分が買いたい商品を1品から数品まで選ぶと、
パッチテストをしてくれます。

《やり方(事例)》—————————-
テストをしたい日焼け止めを綿棒などにとり、
腕の内側など目立たないところに10円硬貨ぐらいの大きさに薄く塗り、
自然乾燥させます。※乾くまで衣服につかないよう注意しましょう。

塗った後30分と2日後に塗った部分を観察します。
発疹や赤み(発赤)、水泡、かゆみなど皮膚の異常があったときは、
手などでこすらず、すぐに洗い落としてください。
2日以内にこのような症状が出た場合にも、すぐに洗い落としてください。
———————————————

●上記はアレルギー検査をする時の一般的な方法ですが、
絆創膏のようなシール状のものを活用して手軽にできると、
なお利用しやすくなりますね。

これにより、自分に合う日焼け止めがわかります。

●日焼け止めなどのUV化粧品には、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤があり、
紫外線吸収剤の方が効果は高いそうですが、化学反応を利用している分、
肌への負担も大きくなるそうです。だから、肌の弱い人には、
よりパッチテストは必要ですね。

●このパッチテストは、有料・無料は店舗の販促方針で違いますが、
肌に塗る検査だけに私個人としては、有料の方がいいと思います。
その方が利用する側も信頼感が持てます。

●また、パッチテスト料300円(仮)としたら、
もし、パッチテスト後、商品購入にいたったら、
300円値引きしてくれるとなると、実質無料になり、
検査も受けやすいし、商品購入へも結びつきやすくなります。

●パッチテストは、女性だけでなく、男性版や子ども版もあると、
幅広い層にアプローチできます。特に、子を持つお母さんは、
自分と一緒に子どもにも受けさせたいと思うと思います。

まぁ、お父さんはどうでもいいとしても、
家族割があると、お父さんも強制的になるかも!?

●さらに、日焼け止めのパッチテストからはじまり、
「家族の肌カルテ」作成まで広がれば、お店のヘビーユーザーになりますね。

●日焼け止め選びのためのパッチテストは、あくまでも入口で、
店舗(スタッフ)への相談する機会として位置づければ、
単なるキャンペーンの一貫ではなくなります。

●人は一度相談した方には親近感がわき、
次からも気軽に相談できるようになります。

●たかが日焼け止め選びにパッチテストを導入する真摯さが、
店舗への信頼性を高め、利益率の高い化粧品へとつながります。

       ***企画の一番搾り***

    『 入口こそ手を抜かない 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議