みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

07リサーチ企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2177号 粗品だって一工夫 ~ いらないモノはタダでもいらないし…。 ~

【企画公開日】2012 .4. 11.(水)

例えばアンケートに答えた時。

ないよりは貰いたい「粗品」ですが、貰った後に時間がたつと、
要らないモノはやっぱりタダでも要らないなぁ…。

箱ティッシュなどの消耗品ならまだしも、
企業名の入ったマグカップは使わないし…。

そんな経験ありませんか?

ショッピングセンターへ行くと、よく店舗入口付近でブースを設けて、
「アンケート」を実施しています。そんな時、どんな粗品なら、
あなたはうれしいですか? 

▼『粗品だって一工夫』

●ある大型ショッピングセンターで、
「無料モニター」を募集するためのアンケートを実施すると仮定します。
ショッピングセンターへ来店されたお客様を店舗入口に設けたブースでご案内します。

スタッフ「アンケートにご協力いただいた方には、
     二つの粗品から一つをお選びいただけます!」

と呼びかけます。

●粗品の一つは、ショッピングセンター全店で使える「100円券」
※お買い物1000円以上の場合のみ使えます。

全店で使えて、単純に100円引きというのは誰でもうれしいですよね。
多くのお客様が買い物をしに来ているわけですから、予定金額より安くなるのは、
お得感たっぷりです!

●主催者側も「100円券」が使われた枚数だけコストになるので、
粗品の在庫を抱えることはありません。ノベルティーって結構余るし、
オリジナルとなるとコスト高です。しかも、使いまわしがきかない場合もあります。

●こんな粗品なら、きっとアンケートの参加者が増えると思います。

●そして、もう一つは、ショッピングセンター内の協力店で粗品交換できる券。
これは、くじ引きと同じような箱を用意し、中央に空いた穴に手を入れて、
「粗品交換券」を1枚つかみます。

どのお店の「粗品交換券」が当たるかわかりませんが、
箱に手を入れるとドキドキしますよね。

手にした「粗品交換券」をもってそのお店に行き、店員さんに手渡すと、
そのお店が用意した「粗品」がもらえます。

※「粗品」のコストは、交換された分だけ後に費用負担します。
粗品の費用は予め設定してあり、お店側はその範囲内で用意します。

●ひょっとしたら、高齢者が若者向けファッションのお店の交換券を
引く場合もあるかもしれませんが、それも“くじ引き”の醍醐味。

●アンケートに答えて、二つの粗品を選ぶ時もワクワクしますよね。

「手堅く割引券をもらうか、サプライズ含みの粗品交換券を選ぶか?」

●こういう企画なら、テナント全体を巻き込めるので、
店舗にとってもうれしいのではないでしょうか?

ひょっとしたら、普段は利用されない客層の方も
粗品交換で来店されることも予想されます。

●大型ショッピングセンターの運営者がこういう「粗品」サービスを企画し、
提供してはいかがでしょう。

       ***企画の一番搾り***

       『 巻き込もう 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議