みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

07リサーチ企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第1870号 Rレポート ~ある時は消費者、ある時はビジネスマン~

【企画公開日】2010 .12. 9.(木)

ある大手飲食店を経営している社長の新聞コラムを読みました。

「家が一軒建つほど、食べ歩きました」

すごいですね。それだけ自分の商売に掛ける意気込みを感じます。

さて、仕事をしているとつい忘れてしまうことがあります。
それは、サービスの提供者ではあるが、一般消費者でもあること。

意外に(自分が利用するなら…)(自分が買うなら…)という視点を
忘れてしまう人が多いのです。とてももったいない。

そこで、飲食業に携わっている企業でこんな制度を
作ってみてはどうでしょう。“出来高払い”ですので、
会社にとっても、社員にとっても損はありません。

▼『Rレポート』

●『Rレポート』の「R」は、レシート(receipt)は、
受取証、領収書のレシートのこと。

●レシートを付けた提案書のことを『Rレポート』と言います。
『Rレポート』は例えば下記のように使います。

////ここからはフィクションです////

家族であるファミリーレストランに食事に行きました。
このファミレスは、私が勤めている店舗の競合店。

家族で外出中に、たまたま昼12時頃、目についたので
入ることにしました。最初は視察なんてことは考えていなかったのですが、

私「そういえば、うちの会社にさ、『Rレポート』という制度があって、
  レポートに食事した時のレシートをつけて評価が高いと点数に応じて、
  食事代をキャッシュバックしてくれるんだよ」
妻「それ、すごいじゃん! だったら、絶対、レポート書いてよ」
私「よし、オレ、がんばるわ!」
妻「じゃ、ここはパパのおごりね」
子「やったー!」
私「おいおい、まだもらえるとは言ってないだろう…」

////フィクションはここまで////

●レポートには、レシートを必ず添付します。
誰が何を食べたかも詳細に記載します。

●そして、下記のような記入事項があります。
———————————————–
★1★当社に活かせれる点(利用した店舗の良さ)
★2★当社の方が優れている点(利用した店舗の弱点)
★3★そのお店を利用してひらめいたアイデア
———————————————–

●家族からヒヤリングしたり、自分のアンテナを張り巡らして、
レポートを完成させます。

●評価は、1点~100点まであり、
点数に応じて、キャッシュバックの還元率が決まります。

●もし、15点なら15%のキャッシュバック。
85点なら85%のキャッシュバック。

●当然、評価が高い方がキャッシュバックが高くなるので嬉しいですね。

●レポート提出は強制はなく自由ですが、外食する機会は誰にでもありますので、
挑戦はしたくなりますよね。仮に5点でも戻ってきたら、嬉しいです。
(お父さんのお小遣いになります♪)

●会社にとっても、販促やサービス向上に役立つなら、たとえ還元率100%も
安いものです。社員のモチベーションアップにも貢献しそうです。

●飲食業界でなくても応用したら使えそうですね。

   ***企画の一番搾り***

 『 プライベートも無駄にしない 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議