みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

07リサーチ企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第1660号 来店目的調査 ~「ついで買い」の実態もわかります~

【企画公開日】2010 .1. 29.(金)

妻「今月は何かと出費が多かったから、
  (ショッピングセンターへは)買い物に行かない。
  行くと、つい余計なモノまで買ってしまうから…」

妻だけでなく、私もあります。
目的のモノより高い金額のモノを買ってしまうことも…。

買った商品についてはPOSを調べればわかりますが、
本当は何が欲しくて来店したのかまではわかりません。

もし、来店するお客さんの“心の内”がわかったら、
いろいろ販促に活かせそうです。

▼『来店目的調査』

あるショッピングセンターに行きました。
駐車場に車を置き、入り口に向かうと、店員さんが一人、
入り口前に立って、チラシを配布しています。

店員さんの横にはテーブルが置いてあり、
お客さんが何やらチェックしています。

店「いつもありがとうございます。
  ご希望の方にアンケート調査をお願いしています」

と言って、折込チラシを手渡してくれました。

店「きょう、買おうと思っている商品に
  ペンで○を付けてください」

私は妻に頼まれた特売の商品に○を付けました。

店「このチラシは、お会計の際にレジ係りにお渡しください」

調査はこれで終了。あとは、普段どおり買い物をして、レジで入り口で
○を付けたチラシをレジ係りに渡すだけ。

レジで私の順番が回ってきました。会計が終わるとき、

私「はい、これ」

とチラシを渡すと、

レ「ありがとうございます。こちらはご協力していただいたお礼です」

と言って、次回使える300円(仮)のクーポン券をもらいました。

私が渡したチラシは、私の買い物レシートと一緒にホチキスで止められ、
レジ係りの人が回収箱に入れました。

※レシートが欲しい方は、その場で言うとレシートを再発行してくれます。

この調査により、入店前に「買おう」と思っていた商品(調査チラシ)と、
実際に購入した商品のデータ(レシート)がわかります。

このデータの比較により、折込チラシの効果をはじめ、店内POPの威力や
「ついで買い商品」もわかります。

調査チラシにチラシ掲載商品以外の商品欄を設けることで、
より詳しく来店目的がわかります。

逆に、目的商品を買わないケースも顕在化してきます。
それは、陳列が悪いのか、実際の商品に魅力がなかったのか、品切れだったのか。
検証するきっかけにもなります。

お店側はより詳しく調査したいが、お客さんに手間をかけると敬遠されます。
そのバランスが大切ですが、購入データではわからない消費者心理がわかれば、
より店舗力がアップすると思います。

 ***企画の一番搾り***

『来店目的が知りたい』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議