みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

07リサーチ企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第1352号 Gメン・クラブ ~愛好家で守る~

【企画公開日】2008 .9. 30.(火)

(おいおい、これは大丈夫なのか…)
(許可を得て、使用しているのか…)

と疑いたくなる場面に遭遇することがあります。
キャラクターやブランド、名称など。商品パッケージでもあります。

きっと“突っ込み”を入れたことがある人は少なくないでしょう。

しかし、それがもし自分の好きなブランドやキャラクターだったら、
「いい加減にしろ!」と、怒りさえ感じるかもしれません。

今の時代、一企業が取り締まるには限界があります。

そこで、こんな方法はいかがでしょう。
▼『Gメン・クラブ』

●『Gメン・クラブ』はファンクラブの一種で、そのブランド、
キャラクターを愛する人が参加する組織です。

 1.参加申込をネットですると、検定用紙(HP)が届きます。

 2.ブランドに関する知識や簡単な著作権・商標についての試験が
   行われます。素人でもわかる違反事例なども出題されます。

 3.これに合格すると、自分が申請したブランドの
  『Gメン・クラブ』に加入することができます。

 4.加入すると、後日、『Gメン・クラブ証』が届きます。

●活動ノルマはありませんが、もし普段の生活の中で「違反」を発見したら、
『Gメン・クラブ証』に書かれた連絡先に電話するか、メールを送ります。

※事故・トラブルになる恐れがあるので、自分で対処はしません。

●連絡を受けた企業は、調査をし、クラブの会報メールで報告をします。

●クラブ員に法的な効力はありませんが、一般的なファンクラブと違い、
一歩「当事者意識」を持ったファンを育成することで、みんなで守っていこう
という意識を拡げます。

●もちろんファンクラブとしての活動も行っていき、よりファン層も
広げていきます。※すべてが『Gメン・クラブ』に加入する必要はありません。

●インターネットやブログの普及で、「一億総表現者」になりつつあります。
知らず知らずのうちに違法行為をしている場合もあります。

●「新しい時代の一般常識」の普及に一役を担ってくれるといいですね。

          +++++ 今日の企画一番搾り +++++

             『 ファン心理 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議