みんなの企画部

2593

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

07リサーチ企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第1348号 特集&ワイドショー・レポート ~平日の昼間の番組が面白い!~

【企画公開日】2008 .9. 24.(水)

時々、平日に家に居て、ワイドショーや夕方のニュースを観ていると、
新鮮でとても面白い! (昨日のような祝日でも観れますよね)

番組の内容は、平日に家にいる層をターゲットにしているため、
女性、主婦、高齢者などを対象にしている内容が多い。

だから、かえってビジネスマンには新鮮に観えるのだと思います。

消費の中心が女性と言われて久しいですが、
その情報源に乏しいのが現実です。。。

そこで、ひとつこんな情報ソースはいかがでしょう。
育児休暇中の社員を活用するのも一つの方法です。

▼『特集&ワイドショー・レポート』

●朝、出勤してメルマガをチェックするのが日課です。
メルマガの中でも特によく読むのが、
『特集&ワイドショー・レポート』

●これは、現在、育児休暇で休んでいる社員が
昼間、テレビ番組を観て書いているメルマガ。

※社内限定メルマガ

●テレビ番組は、主にワイドショーや夕方のニュース番組の特集です。

「なるほど、今、こんなことが流行っているのか…」

●番組については、社員各自で分担されています。
局で分担したり、番組ごとで分担したります。

●自分の生活スタイルにあわせて、レポートを書くことができます。
リアルタイムでなくても録画してもOK。

●しかし、レポートはその日のうちに書くことが原則です。

「このレポートは面白い! 社内会議で使える!」

という時は、レポートを書いたスタッフに連絡し、
録画した番組を送ってもらいます。

※観た番組は必ず録画します。
※不特定多数の方に録画番組を提供するのは問題があるので
 “身内”に限定します。

●また、番組予告をみて、指定することもできます。

「この番組の特集が面白そうだから、観てくれる」

●そして、次の日、レポートが届きます。
レポートを読んで、面白そうだったら番組を観ます。

●ただでさえ時間がないビジネスマンには嬉しいですよね。

●企業の中心を担う人は、男性に限らず女性も平日の昼間は、
会社に出勤していて、平日昼間の番組は観れません。

●ワイドショーから流行に火がつくこともあります。
企画のネタやサービスのヒントになることもたくさんあります。

●消費を牽引する層と同じ目線で情報を収集するのも
大切なことだと思います。

追伸
平日夜のニュース番組は、どこも似たり寄ったりで、
堅苦しく、あまり面白くありません。
いかにも男性受けする番組ばかりで…(私見)

          +++++ 今日の企画一番搾り +++++

             『 同じ目線 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議