みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

07リサーチ企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第1057号 子ども調査準備隊 ~子ども向け専用のアンケート工房~

【企画公開日】2007 .7. 4.(水)

「子どもの買い物の購入決定権は、お母さんにある」といいますが、
確かにそういう一面もありますが、子を持って感じるのは、

「やっぱり子どもがほしいものを買う」

ということ。つまり、子どもの買い物は、子どもが決めます。

シックスポケットという、親としてはありがたい言葉ですが、
叔父としては迷惑な言葉(余談)。

ということで、本日のネタ。
▼『子ども調査準備隊』

●コンセプトは、とっても単純な企画です。
子どもが答えやすいアンケートを作る専門のサービスです。

●子どもが答えやすくするには、文章では困ります。
だから、イラストを多用します。あるいは、絵本風にしたり、
子どもに人気のキャラクターも使います。

●子どもがのめり込みやすい“入り口”を作り、
飽きがこない分量(長さ)で、最後まで答えてもらう。

●紙ベースだけでなく、ボールを使って、箱に入れてもらう方法も
子どもは大好きです。ボールを入れると、動いたり、音が出たり
すると、なお子どもは喜びます。

 『どっちが好きかな?』

●アンケート項目も選択肢を上手に設定するのも、このサービスの強み。
また、答えた後のプレゼントを用意するのもノウハウの一つ。

「これがもらえる」となると、子どもが目の色が変わりますからね。

●幼児から高齢者までで、一番意見を聞くのが難しいのが子ども。
少子化の影響か、子どもが「ほしい!」と言ったら購入する
“やさしいポケット(特に祖父母)”も増えました。

●子どもの目を輝かせるメニュー作りやPOP作りができたら、
お店としては嬉しいです。

●今人気のニンテンドーDSを使ったアンケートもできるかもしれません。
お店でゲーム感覚で答えるアンケート。動画や音が使えるので、
より表現方法が広がります。

●ニッチのようで、拡がりがあるサービスです。

         +++++ 今日の企画一番搾り +++++ 
 

           『  入り口サービス  』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議