みんなの企画部

2585

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第3491号 【 AIが提案する料金プラン 】シェア自転車サービスの悩みを解決!?

【企画公開日】2017 .11. 24.(金)

日本経済新聞(2017/11/20)は、セブン-イレブンが、
2018年度末までに首都圏や地方都市の1000店に
「シェア自転車」5000台を設置する計画と報じました。

ついにセブンイレブンが動きましたか!
ぜひ、成功し、全国で実施してほしいです。

数年前、名古屋でも「シェア自転車」の社会実験がありましたが、
駅周辺など自転車の乗り捨て箇所が集中する課題が発生しました。

抜かりないゼブンイレブンのことなのでそんな課題も
織り込み済みと思いますが、私なりに乗り捨て場所が
集中しないアイデアを考えてみました。

▼【 AIが提案する料金プラン 】

セブンイレブンの「シェア自転車」の料金プランを元に考えてみます。
「料金は地域や利用時間によって異なるが、15分60円がメイン」(同記事)

そこで、もし自転車が特定の場所(A店)にかたまり始めたら、
専用サイト上で下記のように表示し、「シェア自転車」を分散いたします。
ーーーーーーーーーー
(1)A店からB店への移動料金(所要時間5分):+30円down
ーーーーーーーーーー
(2)A店からC店への移動料金(所要時間10分):+10円down
ーーーーーーーーーー
(3)A店からD店への移動料金(所要時間20分):−10円down
ーーーーーーーーーー

(1)(2)の場合は、B店、C店へ乗って行ってくれたら、
通常60円のところ30円で利用できます、という提案。

(3)の場合は、D店まで乗って行ってくれたら、
「−10円」つまり「10円差し上げます」という提案。

この料金プランはAIを活用して
<場所><曜日><時間帯><季節>で
最適な料金提案をいたします。

料金のMAXは「15分60円」で設定されていて、
これより安ければ利用者に損はありません。

例えば、店舗の駐輪場に「シェア自転車」を見かけて
料金プランが「−10円」であったら、

「まぁ、暇だし、銀杏並木を通って
あそこ(店舗)までサイクリングするか」

という利用方法も考えられます。

★アイデアコンセプト★
『 変動制 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議