みんなの企画部

2457

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第3354号 【 緊急車両GPS 】すばやく急行できる通行マナーを作る。

【企画公開日】2017 .4. 25.(火)

愛車の純正カーナビが古いため、ナビはもっぱら「グーグルマップ」を
活用しています。その「グーグルマップ」は最近、「現在地の共有」が
できるようになりました。

リアルタイムで友達や家族と位置が共有できるため、私の場合、
子供の野球の遠征で複数台の車で移動する際に使うと便利そう。

さて、この「現在地の共有」で一つひらめきました。
救急車のサイレンは聞こえるけど、どこにいるがわからない時、
ありませんか?

▼【 緊急車両GPS 】

車を運転していて、救急車のサイレンが聞こえた時、
すばやく道路を開けようするのですが、
どこから来るのかわからないことがあります。

特に街中だと音が反射して四方から聞こえます。

そのため、スマホでナビを利用している方には、
ナビ上に「緊急車両」の現在地が共有できると助かります。

緊急車両は、救急車、消防車、パトカー。
GPSの現在地の表示は、緊急車両から「ON・OFF」が
できるようにします。そうしないとセキュリティー上、
公にできない場合もあります。

救急車が交通量の多い街中を通行する際、
GPSの現在地表示をONにすると、スマホのナビを
利用しているドライバーが気づき、車を路肩に寄せます。

サイレンの音が聞こえて、車が減速して路肩により始めると、
他の車も気づき、つられて路肩に寄せます。

あるいは交通事故の現場にパトカーが急行し、
GPSをONにすることで、事故現場をいち早く
ドライバーに知らせることで回避行動ができ、
交通渋滞の緩和にも貢献します。

「地震速報」と同様に、このようなサービスを普及させて、
緊急時に強い社会にしてはいかがでしょう。

★アイデアコンセプト★『 公の情報共有 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。