みんなの企画部

2497

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第3332号 【 宅配Box−biz. 】周辺ビジネス(サービス)が活況になると普及に拍車!?

【企画公開日】2017 .3. 24.(金)

駅やコンビニなどに設置されはじめた宅配Box。
再配達を減らすための有効策として、
国も補助金を出して進めています。

そこで、普及の後押しになればと思い、
宅配Boxで周辺ビジネス(サービス)を考えてみました。

▼【 宅配Box−biz. 】

一つは、「箱捨箱」。
簡単に言えば、ダンボールのゴミ箱。

宅配Boxの横に大きめのゴミ箱を用意し、
宅配Boxで受け取った荷物を箱から出し、
中身だけカバンに入れて持ち帰り、箱は捨てておく。

このメリットは利用者の手荷物が減ること。
注文品に比べて大きすぎる箱の場合が多く、持ち帰るには邪魔。
そのため、箱は捨てていきます。
これだけでも利用促進に貢献します。

また、重い荷物の場合は、持ち帰るのが大変です。
そのため、宅配Boxに備え付けた折りたたみ式の「キャリーカート」を
貸し出します。貸し出し方式はデポジット制で、使い終わったら、
最寄りのコンビニに返却すればお金が返ってきます。

お金を入れるとロックが外れて「キャリーカート」が
取り出せる仕組みなら、無人でできます。

さらに、宅配Boxに荷物を入れた時、一緒にチラシを入れる
ポスティングサービスはいかがでしょう。
宅配Boxが設置してある施設周辺の小売店や飲食店のチラシを
お届け商品と一緒に入れます。

宅配Boxの付加価値を高め、周辺ビジネスを盛り上げると、
より普及に拍車がかかります。

そうだ、通販で購入した商品がプレゼントの場合は、
届ける際に通販用の箱から出して宅配Boxに入れておくと、
プレゼントを贈られた方が宅配Boxの扉を開けた時、
サプライズ感があって嬉しいですよね。
遠距離の恋人へのプレゼントや両親の誕生日で使います。

これぞ、宅配Boxならではのサービスです。

★アイデアコンセプト★『 周辺ビジネスを盛り上げる 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。