みんなの企画部

2495

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第3281号 【 アルバムは「掘り出し物市」 】自慢の「コレクション集」から出品!

【企画公開日】2017 .1. 11.(水)

新年の新聞にて、メルカリ社長の山田氏が、
アプリ国内ダウンロード数が1年で1千万件以上増えた要因に
「30〜40代男性の利用者も増えた」と答えていました。
釣りやゴルフ関連の出品が増えているそうです。

ブレイクスルーには、新規顧客層の開拓は必須ですよね。
男性はコレクションすることが好きなので、
利用者が増えれば面白い物が出てきそうです。

そこで、世の男性たちが所有している「掘り出し物」を
出品へこぎつけるアイデアを思いつきました。
自慢しつつ、売りに出す?

▼【 アルバムは「掘り出し物市」 】

たとえば、時計のコレクション。
自分が所有する時計コレクションのアルバムを作ります。
いわゆる写真集で、自分のスマホ上で閲覧できます。

撮影は、販売店内に設置した撮影機材で
気軽に撮影できる仕組みにします。

自宅に保管している時計コレクションですが、
スマホ上で閲覧できるため、いつでも眺めて
楽しむことができます。

(自慢のコレクションはいつ見ても楽しいですよね〜)

もちろん、友人にスマホの画面を見せながら、
自慢することもできます。

さて、好きなブランドで新作の時計が発売されたけど、
資金(お小遣い)がなかったとします。

さて、どうする? どうていも欲しい!

自分のコレクション(アルバム)から手放してもいい時計を選び、
オークションに出品して資金を稼ぐ方法はいかがでしょう。

そう、オークションサイトがアルバム制作サービスを提供し、
「出品予備軍」を育成するのです。また、販売店に置く撮影機材も
電子レンジ型の箱で、中に物を入れると瞬時に静止画と
360度動画が撮影できるようにします。

撮影は1品100円(仮)の有料。
また、アルバムも有料でプリントして製本までできます。

コレクションを楽しむ市場を創ったら、
オークションやフリマの市場への“流出”が増え、
より市場が活性化するかもしれません。

狙い目は、男性が所有しているコレクション!

★アイデアコンセプト★『 自慢市場 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。