みんなの企画部

2497

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , , ,

第3261号 【 自習室「解放区」 】町の本屋さんの集客に!

【企画公開日】2016 .11. 25.(金)

中2の長男が突然、「漢字検定を受験していい?」と言い出した。
自分から言うなんて珍しい!と思い、「いいよ」と快諾した。

私はすぐに「漢字検定」について調べてみました。

「漢字検定」は一時期のブームの時よりは減りましたが、
それでも2015年度の志願者数は200万人を超えていました!
すごいですね、今もこれだけの人が受験しているんですね。

そこで、こんなアイデアが閃きました。
自習室に本屋さんはいかがでしょう。

▼【 自習室「解放区」 】

インターネットで「漢字検定」に申し込みました。
すると、申し込み確認のメールが届くと、
そのメールには、
「漢字検定にお申し込みされた方限定で、
 受験1ヶ月間、下記の会場で受験勉強できます」
と書かれています。

申込者は、メールにリンクされたホームページを見て、
自宅近くで「自習室」を解放している場所を探します。

「自習室」を利用する時はメールに記載された「受験番号」を
見せればOKです! メールをプリントしても、スマホを見せてもOK!

なかなか自宅で試験勉強が進まない方は自習室はありがたいです。
図書館は受験生や学生が多いですから。。。

「自習室」を解放する場所として、
◎公共施設の利用が少ない空き部屋
◎授業がない時間帯の学習塾
◎貸会議室
などがありますが、町の書店の一角に机を設けて、
自習室として解放する方法もあります。

書店では、試験用の参考書や問題集を置き、
購入を促すこともできます。

幅広い層に人気のある「漢字検定」や「英語検定」は、
特に利用者が多そうなので、こんなサービスはいかがでしょう。

試験に申し込む人は、積極性のある方が多そうなので、
内向き志向が強くなったと言われる昨今では、
貴重なターゲット層かもしれません。

★アイデアコンセプト★『 アクティブ層を狙え 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。