みんなの企画部

2495

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第3216号 【 急ぎま戦隊 】期日のゆるい予約制「空いた時間に伺います!」

【企画公開日】2016 .9. 16.(金)

自宅の二階に置いてある本棚。
結構重く、階段で下ろすには壁を傷つけそうで怖い。。。

庭で大きくなりすぎたオリーブの樹。
できれば場所を動かしたいのだが。。。

我が家の急ぎませんがいつかはやりたい事です。
素人では難しく、専門業者にお願いしたい。

こんなことはありませんか?
しかもできれば安く・・・。

そこで、こんなサービス部門を設けてはどうでしょう。
今すぐ設けられ、閑散期の稼ぎになります。

▼【 急ぎま戦隊 】

「急ぎませんが、実はやってほしい仕事が
 ございましたら、お気軽にお電話ください」

例えば、引越し業者さんがこのような宣伝をします。
そして問い合わせの電話があったとします。

お客「家具の移動をお願いしたいのですが・・・」
業者「どのような家具ですか?」
お客「洋服ダンスです」
業者「移動はどこからどこですか?」
お客「二階の子供部屋から一階の寝室に」

まずお問い合わせがあれば、どのような依頼か、
詳しく聞いておきます。そして、、、

業者「ご希望の曜日は、平日ですか? 休日ですか?」
お客「平日は仕事がありますので、休日がいいです」
業者「3ヶ月以内に伺えると思いますが、
   それでもよろしいでしょうか?」
お客「はい、結構です、急ぎませんので」

「急ぎま戦隊」で受ける案件は、期日に余裕を持たせ、
仕事が少なくなる時期やドタキャンで仕事が突然
無くなった時に行うサービスです。
伺う時は必ず電話をし、確認します。

お客「先週、友達が来た時に手伝ってもらって、
   移動できたら、もう大丈夫です」

発注側も依頼の予約はしますが、
手付金や契約は結びませんので、
キャンセルも自由です。

忙しい時は重なりますが、暇な時はなにもない
というのが「受注サービス」の痛いところ。

そのため、ゆるく依頼を受けておき、
できる時にやるシステムはいかがでしょう。
もちろん、料金は安めです。

★アイデアコンセプト★『 ゆるく繋がる 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。