みんなの企画部

2495

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第3131号 【 即買い!サテライト・ショップ 】スーパーのレジ待ちが嫌いな方はどうぞ♪

【企画公開日】2016 .5. 11.(水)

週末の次男の少年野球が終わるのが、日没。帰宅する頃は7時過ぎ。
私も妻も同行しているときは、特に夕食に困ります。

そんな時、スーパーの惣菜は本当に助かります。
しかし、さくっと買って、さくっと帰りたいのですが、
レジ待ちが・・・、長い!

そこで、こんなサービスを考えてみました。
すぐに買って帰れると思うと、
行ってみようという気になります。

▼【 即買い!サテライト・ショップ 】

●平日・休日の夕方、スーパーの広い駐車場の一番端に
移動販売車を置きます。この移動販売車で店内で
販売している惣菜を売ります。

これを「サテライト・ショップ」と呼びます。

「えっ、店内と同じ惣菜を?」

●そう、同じ惣菜。特別な商品ではありません。
もし、「サテライト・ショップ」で品切れしたら、
店内から持って補充します。

●この「サテライト・ショップ」のメリットは、
お客はすぐに買ってすぐに帰れること。

●夕方の時間帯は、惣菜だけ買いたいお客も多いと予想できます。
そんなお客は特に長いレジ待ちを嫌います。そのため、
少し割高でも「じゃ、コンビニでいいか」となります。

●店舗と同じ商品で同じ値段で、なおかつすぐに買えるなら、
スーパーに立ち寄ろうという気になります。

●店舗入り口近くの駐車場は混みますが、端は結構空いています。
その空き駐車場も有効活用でき、店舗へ行くお客とは流れが違うので、
より効率的に販売できます。

●また、忙しい方には「即買い」「即帰る」に加え、
「即食べる」も重要な要素。帰宅してすぐに食べれるなら、
惣菜だけでなく、レトルト商品やカップ麺も買いたい商品に入ります。
そのため、一緒に販売したら売れそうですね。

●コンビニのPB商品も安くなったとはいえ、
スーパーに価格にはかないません。

●そのため、「サテライト・ショップ」で「コンビニ的利用方法」が
浸透したら、来店動機が高まります。

●実際、「サテライト・ショップ」が目的で来店しても
あれもこれ欲しくなったら、店内へ行きたくなります。

●「サテライト・ショップ」で使わない時間帯の移動販売車は、
本来の移動販売やイベント、被災地支援などで活用します。

★アイデアコンセプト★『 時間帯に適した販売スタイル 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。