みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2918号 【 「空き家」の生前解決 】これ以上「空き家」を増やさない。

【企画公開日】2015 .6. 8.(月)

「空き家」問題が深刻です。全国に800万戸〜900万戸あると
言われています。空き家はゴミ屋敷化し、街の景観だけでなく、
防犯面や防災面でも大きな課題となっております。

そのため、国をはじめ、各自治体でもさまざまな取り組みを
はじめています。しかし、今ある「空き家」も問題ですが、
これからますます増える可能性があります。

そこで、「葬儀」のあるサービスを活用して、
「空き家」化を防ぐ取り組みはいかがでしょう。

▼【 「空き家」の生前解決 】

●葬儀サービスで「生前見積り」を始め、生きている内に
「葬儀」について決めておくサービスがあります。

●その「生前サービス」を活用して、
「空き家」対策をしてはどうでしょう。

(1)葬儀の相談をした際、今住んでいる住まいについて、
希望者に限定して聞き取りをします。
(2)もし、自分が他界した後、親族や子供が遠くに住んでいて、
住む予定がない場合は、相談にのります。
(3)まず本人がどうしたいか、意思を確認します。
・「空き家バンク」に登録する
・取り壊す
・そのまま子供たちに相続する など。
(4)方針が決まればアドバイスしたり、
相続に関わる手続きなども代行します。

●こうすることで、持ち主(相続人)がわからない「空き家」が
増加することを抑制します。

●今は、生まれ故郷で一生住み続けることが少なくなり、
「実家」や「お墓」が残された親族にとって負担になります。

●私の近所では、住人が高齢者施設に入る際、家を取り壊し、
更地にして市へ寄付した方もいます。

●増え続ける「空き家」対策として、「持ち主」がわからなくなる前に
対策が必要だと思います。

★アイデアコンセプト★『 生前サービス 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議