みんなの企画部

2546

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , , , ,

第2722号 【 草の根経済効果 観光地編 】人は隙間ができると、買いたくなる(埋めたくなる)!?

【企画公開日】2014 .7. 30.(水)

もし、旅先で旅行カバンが衣類などでいっぱいだったら…
A「これ以上、荷物を増やそうとは思わない」

もし、旅先で旅行カバンの中に隙間があり、まだ入りそうだったら…
A「せっかくだから、あの人にもお土産でも買っていこうかしら」

これはあくまでも私の「仮説」。
買い物カゴを手にするとついつい買い物点数が増えるのと同じ発想で、
心理的に「もう限界」と感じればそれ以上は増やそうとは思わないし、
「まだまだ行ける」と思えば購買意欲も衰えないのではないか?

そこで、こんなサービスを考えてみました。
まさに“草の根”のわずかなことですが、一人一品ずつ買って行ったら、
観光地として大きな経済効果になるのではないか。

▼【 草の根経済効果 観光地編 】

《アイデア その1》ホテル・旅館で衣類圧縮袋を提供
旅行カバンの中に隙間を作るという発想で考えると、一番のネックは衣類。
そこで、ホテル・旅館で「衣類圧縮袋」を旅行者に提供してはいかがでしょう。

提供といっても無料ではなく、有料(販売)。
例えば、掃除機不要の衣類圧縮袋を3枚で500円(仮)で販売します。
そして、販売と同時に[500円クーポン券]を差し上げます。

この[500円クーポン券]は、ホテル・旅館のお土産屋さんをはじめ、
観光地指定のお店で使用できます。利用シーンとして、

◎荷物をスッキリさせたい旅行者が衣類圧縮袋を購入したら
[500円クーポン券]がもらえたので、ついでにお土産を買った

◎まだお土産を買いたい人がいるのに旅行カバンがいっぱい。
だから、衣類圧縮袋を買ってお土産を入れる隙間を作った。
[500円クーポン券]はついでにありがたく使った。

《アイデア その2》荷物を送る送料に[500円クーポン券]
持ち歩くのが面倒な方には荷物を自宅へ返送する送料に
《アイデア その1》のように[500円クーポン券]を付ける。

旅行カバンのスペースを作るより荷物を減らしたい人はこちらを選ぶでしょう。
荷物を減らす方が手が空き、移動が楽になるので、
より活発な消費行動が見込めるかもしれません。

そのため、[500円クーポン券]は物品だけでなく、
飲食店でも使えると便利ですね。

《アイデア その3》要らないモノはリサイクル。
ちょっと大胆な発想ですが、一層のこと、リサイクルに出してみたら、
いかがでしょう。古着の買い取りです。

「この服、旅行だから久しぶりにタンスから出して着てみたけど、
 もう要らないかな…」と思ったら、リサイクル!

リサイクルでのキャッシュパックは通常より高めで、
「500gまで500円(仮)」クーポン券でもらえます。

観光地に「両替所」ならぬ「リサイクル換金所」はいかがでしょう。

●経済を左右する景気も「気持ち」が大事で、心理的な負担を減らすことで、
「買いたくなる」「動きたくなる」「食べたくなる」となれば、
経済効果も期待できますよね。

●車での旅行ならあまり関係ないかもしれませんが、
帰宅後の衣類の洗濯が億劫であれば「洗濯サービス」も
一考の価値がありそうです。

★企画の一番搾り★『 心理的負担の軽減 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。