みんなの企画部

2543

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, , ,

第2713号 【 家庭菜園の見張り番 】ひょっとして、畑が気になり外出できないのでは?

【企画公開日】2014 .7. 16.(水)

私の勝手な想像ですが、ひょっとたら自分の畑(家庭菜園)が気になって、
旅行や外出が思うようにできない人(特に高齢者)がいるのではないでしょうか?

こんな仮説を立ててみました。

畑が心配だから…
「家を開けたら水やりができないから1泊旅行しかできない」
「孫の家に1週間ほど行きたいけど…」
「体調を崩して寝込んだ時、植えたばかりの苗が枯れてしまった…」

そこで、こんなサービスはいかがでしょう。
ひょっとしたら潜在需要が顕在化するかもしれません。

▼【 家庭菜園の見張り番 】

●このサービスはいつも農業資材を買う「ホームセンター」が提供します。
顔見知りの店員さんにいつも相談しながら肥料や苗を買っているお客さんがいます。

●このお店では農業資材を購入するとポイントが貯まり、
購入資金の足しにもなりますが、もう一つ嬉しいサービスがあります。

それが、「家庭菜園の見張り番」。

●もし、お客さん(会員)が「2泊3日の旅行」に出かけるという時、
中日(なかび)の日に、店員(専門スタッフ)が会員の畑に行き、
下記のサービスをしてくれます。

《家庭菜園の見張り番》
(1)1回1時間程度の見回り
(2)畑全体の野菜の生育状況をみてくれます
(3)病気や生育不良があれば「チェックシート」に記入して教えてくれる
(4)植えたばかりの苗があれば水やりをしてくれる(事前に要望しておく)
(5)時間内であれば草引きもしてくれる

以上のことを会員が不在の時にしてくれます。
●依頼は、ポイントでも別途有料でもできます。

●もし、こんなサービスを身近なホームセンターで提供してくれたら、
利用したくなりませんか?

「少し長期の旅行に行きたい」
「孫の家に遊びに行きたい」
「短期の入院をしなければいけない」
「腰が痛くて、しばらく農作業ができない」

こんな時にとても心強いです。

●農作物は、一度でも世話ができない時があると、
それで枯れてしまい、それまでの苦労が水の泡になってしまいます。
そのため、目が離せず外出ができない悩みを持っている人もいるのでは?

●また、このサービスを提供することで「農業アドバイス」もでき、
よりお店への信頼感が増すほか、農業資材の購入につながる可能性もあります。

●押し売りはいけませんが、家庭菜園をしている人の多くが素人のため、
間違ってしている作業もあると思います。そんな時は、優しく教えてくれたら、
もっといい作物ができるかもしれません。外出時でなくても、
「ちょっと畑まで見に来てくれる?」という依頼もありそうですね。

●農家向けの「農作業代行」サービスはありますが、労働力としてのサービスではなく、
「ちょっと家を空けるから、畑をみておいて」と気軽に頼めるサービスを用意しておくことで、
生涯価値の高い顧客づくりが期待できます。

★企画の一番搾り★『 かかりつけサービス 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。