みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2651号 【 買い物ターゲティング機能 】子どもに安心して買い物してもらうために。

【企画公開日】2014 .4. 16.(水)

毎週1冊、子どもたちに科学系本(シリーズ本)を買って上げています。
買い方は、iPadに対象(シリーズ本)を検索して表示させ、子どもにiPadを渡し、
「この中から好きなの選んで」と言って選ばせています。

選んだ後は私が購入の手続きをしているのですが、
この方法なら子どもも好きな本が選べ、なおかつダブって買う心配もありません。
(よく購入済みの本を買ってしまう失態が多く…涙)

そこで、ネットショップにこんな機能を設けてはいかがでしょう。
これがあると、利用方法も広がると思います。
たとえば、子どものクリスマスや誕生日のプレゼントなど。

▼【 買い物ターゲティング機能 】

●簡単に言うと、選んだ商品(対象商品)以外は買えなくする機能。
例えば、親が子どもの欲しい物を買ってあげるケース。

●最初に親がネットショップで商品を選びます。
選んだ商品は、商品一覧で表示されます。

●この時点で、ネットショップ上にある《買い物ターゲティング機能》ボタンを
クリックすると、選んだ商品以外は見れなくなります。
子どもは、商品一覧の中から好きな商品を選ぶことになります。

●この機能のメリットは、支払う側(親)の条件内(金額など)で
買い物ができること。選ぶ側(子ども)は、(親が)選んだ商品とはいえ、
押しつけではなく買いたい商品が選べるメリットもあります。

●この機能の使い方は、
◎子どもの誕生日やクリスマスに予算内で買い物ができる
 → 「予算」でターゲティングする

◎子ども服を子どもに選ばせる
 → 「サイズ」でターゲティングする

◎子どもに買ってほしい本から選ばせる
 → 「ジャンル」でターゲティングする

●子どもだけでなく、ネットに不慣れな高齢者に買い物をしてもらう際も、
誤って誤操作にならないように《買い物ターゲティング機能》を使う方法もできます。

●ネットショップは商品点数が多いため、検索条件がいろいろありますので、
その検索条件の数だけ、買い物の仕方《買い物ターゲティング機能》が楽しめそうです。

●とっても単純な機能なので、ぜひ装備してほしいです。
《買い物ターゲティング機能》で制限した状態のネットショップ(URL)をメールで送れると、
なお購買行動の幅が広がりそうです。

★企画の一番搾り★『 自由度をあえて絞る機能 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議