みんなの企画部

2591

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

, ,

第2635号 【 プチ改造!マイカー安全荷台作り 】軽自動車でも結構運べます。

【企画公開日】2014 .3. 25.(火)

今年の年度末の引っ越しは大変混んでいるそうで、
依頼を断る業者も続出しているそうです。

報道では、「景気が回復したから」と言っているようですが、
庶民の私には、正直、「ホントかいな…」と思っていますが。。。

さて、きょうのネタは引っ越しです。
会社が費用負担してくれる人なら業者に任せた方がいいですが、
自分でしなければいけない人には、できるだけ費用は抑えたい。

そこで、こんなアイデア。軽自動車でも、
セカンドシートを倒すと結構広いです。

▼【 プチ改造!マイカー安全荷台作り 】

●マイカーが安全に荷物が運べるクルマに変身するキットを
ホームセンターやカー用品店で貸し出してはいかがでしょう。

●例えば、軽自動車を例に紹介します。

●軽自動車のセカンドシートを倒します。
倒してできた空間に、引っ越し業者が屋内で荷物を運ぶ際に使う保護板を
後部座席いっぱいにボックス状に取り付けます。上下左右をこの保護板で囲みます。
そして、後部のハッチバックにも保護板をセットして、「荷台」の取り付け完了です!

●これなら、荷物をクルマの乗せても
シートが破れたり、内ドアが汚れたりしませんよね。

●軽自動車ならクルマの規格が同じのため、
保護板のサイズは同サイズで微調整すれば、
共通して使えそうです。

●また軽自動車以外にも、ワンボックスカーやミニバンなら、
なおさら、荷物が安全に詰め込めますので、人気車種は、
クルマのサイズに合わせて、保護板を用意してもいいですね。

●トヨタのアルファードや日産のエルグランドなどは、
結構荷物が積めそうですが、汚れたり傷つくのは勘弁してほしいですから。

●こういう商品を有料でも貸し出してくれたら、引っ越し費用を節約したい方は
レンタルしたいのではないでしょうか? 貸し出す側も毎年使えます。
シートの足下も空いているので、ここには小物が入るようにしてもよさそうですね。

●余談ですが、一人暮らしを始める時にオヤジと一緒にクルマで運んだ記憶は、
今でも鮮明に覚えています。少し手間はかかりますが、
こういう引っ越しもいい思い出です♪

★企画の一番搾り★『 需要に即応 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。

LINEで策略会議