みんなの企画部

2565

メールマガジン
登録 解除 メルマガ

09プラスアルファサービス企画

タグ

この記事を印刷する メールマガジンを購読する

,

第2595号 【 ホワイト・マップ 】“空白地”を検索。

【企画公開日】2014 .1. 24.(金)

肌では感じませんが、景気が良くなってきたのでしょうか?
地方でも空き店舗にお店が入るようになりました。

空き店舗や空き家が街の中にあると景観だけでなく、
治安面もよくないそうです。管理が行き届いていないので、
防災面でも不安になります。

そこで、こんなサービスを考えてみました。
業界、業者間の垣根を越えて「空白」を表示できたら、
街はもっと活性化しないだろうか。

▼【 ホワイト・マップ 】

「空き店舗」
「空き家」
「空き部屋」
「空きオフィス」

●これらの情報をネットのマップ上に表示したら、いかがでしょう。
ネットのマップはとても便利で、お店や目的地を探すのに役立ちます。

そのマップの機能に、新規レイヤーとして、「ホワイト・マップ」を作ります。
この「ホワイト・マップ」には、上記の「空き」情報を掲載します。

マップ上に表示された「空き店舗」をタッチすると、
店内写真が表示され、さらに仲介業者名も表示されます。

●こうすることで、より「空き店舗」探しが楽になります。
「空きオフィス」やアパート・マンションの「空き部屋」も
業者間も垣根を越えて表示できると、より探しやすくなります。

空いている場所に借り手が見つかれば、それだけ経済活動も活発になり、
街にとっても地域住民にとってもメリットが大きいです。

●また、「空き家」も今、深刻な社会問題になっています。
この情報も自治体や業者がオープンにして探しやすくしたら、
購入を検討しやすくなります。

●各「空き」情報は既にある情報ですが、それを一覧で見れて探しやすくなったら、
地域活性化に大きく貢献できると思います。仲介する業者側も借り手が見つかりやすくなり、
悪いことではありません。細かい情報では、月極の「空き駐車場」も欲しいですね。

●「空いている」情報をもっとオープンにしたら、
使い道を考える人も増え、お金も人もビジネスも動き出すと思います。

★企画の一番搾り★『 空き情報は宝の山 』

この記事を印刷する プリントプレビュー

ウィッテムの事業

BBTのアイデア発想力トレーニング|全く新しいアイデア発想の研修が登場いい話の広場たった一言でコンテスト

コジマの出版本

「儲けのヒントはこの本から盗みなさい!」二カ国(韓国・台湾)に翻訳出版されました。